金利を見れば投資はうまくいく

著者 :
  • クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
3.88
  • (1)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :43
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844374541

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイトルから金利のことが知れそうだと思い購入



    景気は循環するということは、少し忘れていた点だった。金利のは「炭鉱のカナリア」といわれるような、指標だとは思わなかった。

    「信用サイクル」「金融政策サイクル」「在庫サイクル」という3つのサイクルがあり、それぞれ10年、5年、2.5年スパンでやってくるとのこと。これらが重なると大きな金融危機がやってくるとのこと。

    信用サイクル;調達金利の低下→借入拡大→調達金利の上昇→借入縮小→信用回復

    金融政策サイクル;景気回復→金融政策引き締め(利上げ)→景気減速→金融緩和(利下げ)

    在庫サイクル;売れ行き好調(在庫減)→増産(在庫増)→売れ行き不振(在庫増)→減産(在庫減)


    金利は景気のバロメーター
    長期金利が動く→短期金利が動く。
    長短金利差は先行指標となる。長短金利差がマイナスになったら、冬(厳しい状態)が接近。

    為替ヘッジは、為替予約を行うことによって、為替リスクを回避するのは、納得した。
    また為替ヘッジがコストではなくプレミアムになる状況というのも興味深かった。だから外国の投資家が、マイナス金利の国債でも買うのか、と思った。

全1件中 1 - 1件を表示

金利を見れば投資はうまくいくのその他の作品

堀井正孝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイコブ ソー...
エリヤフ・ゴール...
冨田 和成
リンダ グラット...
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

金利を見れば投資はうまくいくはこんな本です

ツイートする