赤ちゃんにもママにも本当に大切な 産前産後7週間の過ごし方

制作 : 西川眞知子  Lotus8  青山京子  藤村のぞみ 
  • ブルーロータスパブリッシング(インプレス)
2.76
  • (2)
  • (1)
  • (8)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 59
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844375371

作品紹介・あらすじ

産前産後7週間の養生で育児が楽しくなる!今話題の産後養生のすべてがわかる!パパが作れる養生ごはんレシピつき。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館で借りて読んだ。
    月との関連性とか精神世界的なものはいまいちよくわからず…。
    とりあえず産後21日はできるだけ体を休めることを意識した方がよいということだけわかった。

  • 産後3週間の母体の養生の大切さについての本。
    アーユルヴェーダに基づく産後の養生についてメインに書かれているが、出産力を高める養生についても書かれています。なぜか産後→産前、という流れで書いてあり違和感がありました。
    産後のマッサージ、リラックス法、レシピなどが多数紹介されており、ぜひ産後に実践したいと思いました。

  • 科学的根拠はなさそう。部分的に参考にしたい。

  • 2014.4月 市立図書館

    読みやすい。

    目を使いすぎない。気を使いすぎない。

  • 産後の過ごし方が大切なのがよくわかった。本としては、体操とか食事とかがアーユルベーダが基本になっていて、ちょっととっつきにくいかな。。

  • あまり内容が頭に残らなかった。目を使いすぎないようにすること、人に気を使わないこと、感謝して受け取ること、などが書いてあった。あ!でも、眠れるときは眠りたいときに眠れるだけ寝る。そのために養生でいろいろ手伝ってもらうのが大事というのはわかった。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1960年、鹿児島県生まれ。助産師・鍼灸師・看護師。北里大学病院(産科新生児室)、日大板
橋病院(産科/ICU・CCU)、山西助産所など、大学病院から助産院、自宅出産介助まで幅
広い業務経験を持ち、東洋医学、アーユルヴェーダの知識を活かして活躍。現在、「Be born
助産院・産後養生院」院長として、お産の介助、出産前後の女性の心身のケアを行なってい
るだけでなく、「伝統医学応用研究所」を立ち上げ、女性のこころと体についての勉強会な
どを開催している。著書に『赤ちゃんにもママにも本当に大切な 産前産後7週間の過ごし
方』(ブルーロータスパブリッシング〈インプレス〉)がある。

「2017年 『ちつのトリセツ 劣化はとまる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

たつのゆりこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
ヨシタケシンスケ
ジェームズ アレ...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする