科学者はなぜウソをつくのか――捏造と撤回の科学史

著者 :
  • dZERO(インプレス)
2.75
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844376910

作品紹介・あらすじ

知的なはずの研究者が驚くほど幼稚なウソをつき、周囲の研究者もだまされるのはなぜ?科学史に残る「過ちの瞬間」を「撤回論文」を軸に振り返り、「科学者の夢」に迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まだ記憶に新しい一連のSTAP細胞騒動から、その道の専門家には有名(らしい。門外漢なもので…汗)な海外の捏造騒ぎ、私にも結構衝撃だった神の手とあがめられた考古学の権威の自作自演の発掘劇まで、8件の国内外の捏造事件が取り上げられている。

    骨太な理論に基づいた科学分析がなされているものと期待して手にしたのだったが、意外に皮肉たっぷりの軽い読み物風だったのががっかり。
    読みやすくはあったが、想像と違いちょっと裏切られた気分…。

  • 週刊誌引用多い(笑)。STAP疑惑と併せて有名な捏造事件をさらっとまとめたミーハーな本だった。字が大きく隙間だらけですぐ読み終わる。知らない事件が多く、私には勉強になった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

小谷太郎 こたに・たろう1967年生まれ。東京大学理学部物理学科卒。博士(理学)。理化学研究所、NASAゴダード宇宙飛行センター等の研究員を経て、大学教員。著書に『科学者はなぜウソをつくのか』(dZERO)、『知れば知るほど面白い宇宙の謎』(知的生き方文庫)、『数式なしでわかる相対性理論』(中経の文庫)、『理系あるある』(幻冬舎新書)など多数。

「2016年 『知れば知るほど面白い 不思議な元素の世界』 で使われていた紹介文から引用しています。」

科学者はなぜウソをつくのか――捏造と撤回の科学史のその他の作品

科学者はなぜウソをつくのか ―捏造と撤回の科学史 単行本(ソフトカバー) 科学者はなぜウソをつくのか ―捏造と撤回の科学史 小谷太郎

小谷太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小保方 晴子
宮下 奈都
トレヴァー・ノー...
宮城 公博
國重 惇史
飯田 泰之
モイセズ ベラス...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする