フィリピン独立問題史―独立法問題をめぐる米比関係史の研究 1929‐46年

著者 :
  • 龍溪書舎
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (383ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844784647

作品紹介・あらすじ

本書は、1934年独立法いわゆるタイディングス・マクダフィー法で定められたフィリピン独立の期日と政治・経済・軍事的諸条件の変更すなわち独立法改正問題を中心とする米比関係史を-独立問題が米国議会で本格的に検討されはじめた1929年を起点として、1946年7月4日に共和国が独立するまでの約17年間について-検討するものである。その考察を通じて、フィリピン併合(1898年)から在比米軍撤退(1992年)に到る約1世紀にわたった継続した米国とフィリピン・エリートの協力関係の構造的特質を国際関係史の視点から検討し、1930年代から第2次世界大戦に到る国際環境のなかで、アジアの植民地として他に先駆けて独立への道を歩んだフィリピンの国家形成が、主として米国の政策によってどのような影響を受け、条件づけられたのかを明らかにすることが本書の目的である。

著者プロフィール

豊橋創造大学教授

「2018年 『社会的パートナーシップ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中野聡の作品

フィリピン独立問題史―独立法問題をめぐる米比関係史の研究 1929‐46年を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする