悲鳴をあげる学校―親の“イチャモン”から“結びあい”へ

著者 :
  • 旬報社
3.54
  • (5)
  • (7)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 67
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845110032

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 卒論で使用

  • 何だか哀しくなる。
    ぼくは学校関係者ではないが、職場の店頭に現れて文句を言う人、大して変わらない。
    だが、その後ろにある問題を汲み取って対応するべきみたいな考えは教育現場だからこそか。
    間違ってる奴は間違ってるのだ。
    言ってはいけないことを言ってる奴は、間違ってるのだ。
    付き合ってられない。

  • 学校への イチャモン研究について有名になった著者の本。

    学校へのイチャモンが増えた原因と、それから結びあいにつながることを願っている。一読の価値がある本だと思う。

  • 問題の背景やより良い方向に導くための方向性がしっかり示されています。ただただセンセーショナルに「モンスターペアレント」について煽るのではなく、保護者や地域住民からの「無理難題要求」すなわち「イチャモン」の本質をきっちり見据えて書かれている本だと思います。
    地域住民からの「イチャモン」に対するフォローが少ないですが、この本全体を見通せば自然とどのような手立てが良いかきっとわかるでしょう。

  • 学校への親からの苦情、イチャモンの専門家として名高い阪大教授の肉声そのままを本にしたもの。講演もめちゃくちゃ評判がいいが、それが聞けなくてもこれを読めばたぶんその臨場感が伝わってくる。面白い、どうすればいいのか、その対処、対応にも役に立ちそう。

    でも、正直、この著者は講演の方がもっと面白いっていうのもあるんだけどね。

  • <table cellspacing="0" cellpadding="0" bgcolor="#ff8080" border="0">
    <tr>
    <td>赤い付箋</td>
    </tr>
    </table>
    小野田先生の主張は、<br>
     学校・教職員は、保護者のしんどさと、わが子の成長と発達に関わる重いがどこにあるのかを理解してほしい。保護者は、学校の本来的な役割や子どもの成長に何が必要かを自問自答した上で、学校にきちんと要望を出していってほしい。(はじめに)より<br>
    という部分に表現されている。子どもの教育において、学校・教師の役割と保護者の役割をきちんと定義したこの部分に深く共感する。<br>
    <table cellspacing="0" cellpadding="0" bgcolor="#00ffff" border="0">
    <tr>
    <td>青い付箋</td>
    </tr>
    </table>
    小野田の定理1で<br>
    「イチャモンは時と人を選ばない」と言及しつつも、「教育の顧客は親でなく子どもである」と結論づけている。(論理の展開は割愛)<br>
    これは、実際に保護者との不毛な論議に振り回されている教師にとって大変心強い結論だといえる。教師が力を注ぐべきことは子どもへの教育であることを明確に確認できていれば、担任は主として子どもへの指導に力を注ぎ、担任をサポートできる管理職や専門家チームが主となって保護者の要望を整理するという役割分担と協力体制が機能するようになるのではないだろうか。<br>
    <br>
    小野田の定理2では<br>
    学校へのイチャモンに対する根本的な解決策は「ない」と断言している。<br>
    ということは、やはりイチャモン問題を解決するためには、それぞれの教師・学校が独自のやり方で解決策を模索しなければならないということであるし、たいていの場合解決しないまま卒業・転校・転勤・辞職・退職という後味の悪い結果へ向かってしまうことになる。これは当事者としては相当に苦しいことだが、本書の中では、そもそもイチャモンが発生しにくくなるヒントと保護者からのイチャモンへ共感を持って対応するためのヒントが事例としてあげられている。<br>
    その中で、予防のポイントは、教師が子どもと接する時間を減らさないことであり、対応のポイントは、クレームという「現象」自体と保護者の思いという「本質」を分析し、本質の部分への解決策を提示することだ、と述べている。<br>
    どちらについても納得できる結論である。<br>
    現実的に解決することは困難な場合はもちろんあるのだが、現場の担任が進んでいく方向を提示していることには大きな価値があるといえる。<br>
    <table cellspacing="0" cellpadding="0" bgcolor="#80ff80" border="0">
    <tr>
    <td>緑の付箋</td>
    </tr>
    </table>
    <br>
    この本の中ではふれられなかった部分として、保護者自身への精神的なサポートが必要だと思われる場合、それ以上の医療的なケアが必要かもしれないと考えられる場合がある。<br>
    身近にも起こっている問題であり、尾木先生の著書の中では、今後増加していく可能性のある分野だと言える。このような事例に遭遇してしまった担任をチームとして支援する仕組みの整備が求められる。<br><br><br>
    <font color="#ff8080"><b>赤い付箋</b></font> <br>
    <font color="#80ffff"><b>青い付箋</b></font><br>
    <font color="#80ff80"><b>緑の付箋</b></font><br>

  • 最近確かに多いですね。
    どうみても悪いのは学校じゃなくて親の躾力の不足だろ!みたいなのに、すぐイチャモンつけて怒鳴りこんでくるお父ちゃんやお母ちゃんたち、でもこれって本根を言うと学校ともっとコミュニケーションを取りたいって気持ちの裏返しだったりするようです。しかし、それならもっと素直に話に来てほしいですよね。

  • 学校へ寄せられるイチャモン(無理難題要求)を、簡単に切り捨てたり、突っぱねたり、なすがままに受け入れるのではなく、いかに本質を掴んで対応していくかを考える本。
    内容に同意できる人にとっては、1,2章は長すぎると感じるかも。
    3章「イチャモンはどうしたら打開できるか」以降をもう少し厚めにとって欲しかった。

  • <body>
    <ul>
    <li>自子中心主義</li>
    <ul>
    <li>自分の子供のことしか考えないということは、他国や他人のことには管掌しないという孤立主義ということではなく、むしろ社会
    的な関係を切り結ぶことができなくて孤立していることのあらわれではないか</li>
    </ul>
    <li>イチャモンの背景 ムチャクチャな構造改革や失政の連続によって社会全体が閉塞し、不満と不安が急速に高まっていることがある。</li>
    <li>イチャモンは時と人を選ばない</li>
    <li>教職員が子供とふれあう時間が減れば減るほど、イチャモンは反比例して増える</li>
    <li>クレームをうけいれるとき、「そうですね」でなく「そうですか」</li>
    <li>イチャモンは一人で背負わないで、共有する</li>
    <li>「ものには道理と、限度がある」</li>
    </ul>
    </body>

  • う〜ん、なるほど…。ホントめちゃくちゃだと思った。いわゆる「クレーマー」。私も自分の勤務先で色々と聞く。でも、みんなそれぞれ必死なんだよね。こんな世の中だけど、諦めたくない。そう思う。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

編集委員

「2017年 『教育小六法 平成29年版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小野田正利の作品

ツイートする