安倍政権論―新自由主義から新保守主義へ

制作 : 渡辺 治 
  • 旬報社 (2007年6月発売)
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845110391

作品紹介・あらすじ

安倍晋三とは何なのか。誰が安倍を支えているのか。どんな日本にしようというのか。9条改憲に突き進むもっとも危険な政権。

安倍政権論―新自由主義から新保守主義への感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本書を通して、現政権がどのように成り立ちその過程の中で現在の指向性が確立されてきたことに気付くであろう。現安倍政権がどのような考えをもって政治を行おうとしているのかを知るのに役に立つ本である。

  • 安倍政権の基本を

    ①タカ派からの要請 ②新自由主義の完成者としての要請 ③財界からの要請 ④アメリカからの要請 の4者からの要請をすべてに答えようとして失敗したように解説している。

    どっちつかずが自滅を招いている。

全2件中 1 - 2件を表示

安倍政権論―新自由主義から新保守主義へはこんな本です

安倍政権論―新自由主義から新保守主義へを本棚に登録しているひと

ツイートする