ガリレオがひらいた宇宙のとびら

著者 :
  • 旬報社
3.14
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 20
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845110988

作品紹介・あらすじ

400年まえにガリレオ・ガリレイが望遠鏡をもちいてひらいた宇宙のとびら。そのとびらの向こうにある宇宙のすがたを、ガリレオやその後輩たちはどのように探求してきたのでしょうか…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 67:天文学の歴史を辿り、ガリレオが手製の望遠鏡で見た惑星、月、太陽の観察を経て、銀河系そして宇宙へと展開する構成は、以前読んだ渡部先生の本にも通じるものがあります。わかりやすく噛み砕いた解説と親しみやすい文のおかげで、すいすい読めました。やっぱり、望遠鏡が欲しい……!

  •  著者は最近人気急上昇中の国立天文台副台長(当時天文情報センター長)。天文学の歩みをガリレオを転換点としてやさしく語る。まったく難しいところはないのに,この手の本をよく読む自分にも楽しく読めたのは嬉しかった。決して分量の多い本ではないが,魅力的な話題が満載。
     天文学へのガリレオの貢献には本当に絶大なものがある。月の凹凸を初めて発見しただけでなく,その高さを定量的に見積もり,金星や火星の満ち欠けを見いだし,木星が衛星を持つことを発見し,太陽が完全な球でなく黒点を持つことや天の川が無数の星々の集まりであることを見いだして,従来の宇宙観を根底から覆した。彼の興奮が伝わってくるようだ。
     彼の晩年は,太陽を見つめたことによる失明や宗教裁判で幸せなものではなかったが,天上から自分に続く天文学四百年の歩みを見まもって,いまではきっと頬をゆるめていることだろう。

  • 2009年5月16日購入

  • 始原天体研究会に出席したときに
    サインいりで入手

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

国立天文台教授・副台長

「2018年 『「第二の地球」を発見せよ!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡部潤一の作品

ツイートする