わが家の子育てパパしだい!―10歳までのかかわり方

著者 :
  • 旬報社
3.67
  • (3)
  • (8)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845112005

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いいよねえー。なんか子育てに積極的になれる本。やってみようかなあって思える本。世のパパにそう思ってもらえたら、そうして行動してもらえたら、いろんなものが幸せになる、変わるって思わせてくれる本。男性にとったら、やらなきゃ損って思える本。世のパパ、これからパパになろうとする人たち、ぜひ読んでみて欲しい。

  • ・何回言った?という叱り方は効果はない
    ・繰り返し、いつも一緒が好き
    ・遊んでくれる人が好き→一生懸命一緒に遊ぶ
    ・⭐️毎朝笑っておはようを言う
    ・⭐️朝絵本を読む
    ・⭐️早くを禁句にする
    ・全身全霊で大好きを伝える
    ・⭐️イベントでサプライズを

  • 父親向け育児書。
    父親ならではの子供への関わり方や、夫婦のコミュニケーションの大切さなど、三人の子育て中の元保育士さんが分かりやすく書いています。

    男性向けの内容ではありますが、女性が読んで嬉しくなる箇所、共感できる箇所、その通りなのよ!とうなずく箇所がいくつも出てきます。
    例えばこれからパパになる男性に向けて「あんまりむずかしいことはいわないけれど、せめて自分の靴下は裏返しにしたまま洗濯機に入れないで」です。
    ささいなことだけど、靴下が裏返しのままになっていると、いらっとするし面倒くさいと思ってしまうことも。
    この小さな積み重ねが、夫婦間に溝を作りかねないんですよね。けどおそらく、男性側はこんな小さなこと、気にもとめていない。
    妻が夫に求めていることと、夫が「妻は自分にこんなことを求めている」と思っていることって、けっこうギャップがある。そのことを、子育てを絡めながらうまく、優しく指摘してあったのがよかったです。

  • 子育てなんて、そもそも”うまくいかない”もの 「今日だけね」もあり 母性が子どもの自信を育てる。父性が社会性を育てる 子どもの「食」にかかわろう とにかく「大すき」を伝える 子育ては家庭育てだ まずは感謝の言葉から

  • 2014年9月1日読了。3人の子どもを育てた保育士の著者による、父親の育児へのかかわり方へのアドバイス本。時折関西弁が混じる文体はくだけていて読みやすい、実体験豊富で自信を持った先輩から助言を受けているようで、「なら自分もいっちょやってみようか」という気にもなる。学者や研究者による本とは違って、「実体験ベースなので自分も試行錯誤だった、間違いもあるかもしれない」と正直に書かれているのは安心する。育児は大事だが、実はおろそかにすべきでないのが「ママ」を妻として・女性としていかに安心させるか?ということか。育児は「ママ」ができてもそのママのケアはパパでしかできないことなのだものな。肝に銘じて実践しよう。

  • 父ちゃんにやる気になってもらうために。
    実践しやすそうなものからはじめてほしいな。

  • 【読書その74】 パパルールに続き、NPOファザーリングジャパン理事の小崎恭弘氏の著書。
    関西弁で語る、くだけた育児論は、コミカルな四コマ漫画もあって、非常に面白い。
    産まれたばかりの赤ちゃんを「地上最弱の哺乳類」、2歳児を「地上最強の哺乳類」と読んでみたり、なんだか笑ってしまうコミカルな育児論。
    子育てというと、頑張って完璧にいかないと思ってしまうが、
    本書は、最初から「子育てなんて、そもそもうまくいかないもの」と割り切っている。
    人は、自分の子供を自分の分身と思って、思い通りにしたいと思いがち。
    しかし、子供も独立した一人の人間。家の中に全く別の他人が暮らしていると少し割り切ること。、
    うまくいかないことばかりの育児。それを認識し、失敗の連続の中でも少しでも前進を目指す。
    育児に対して前向きにいこうと、自分の肩の荷が少し降りた。
    この本は、父親が育児に対して前向きに取り組む、きっかけになる本。

  • とても読みやすい文章なのに、響くとこが多くて、勉強になった。
    この本を参考にして、素敵な家族になりたいと思った‼。

  • サクサクと読みやすい。

  • イクメンバンザイの人、イクメンって言葉に否定的な人、普通のパパ、これからパパになる人は読んだ方がいいと思う。小崎さんの文章は読みやすくてオススメ。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

大阪教育大学教育学部教員養成課程家政教育講座 (保育学) 准教授 西宮市役所初の男性保育士として採用・市役所退職後、神戸常盤大学を経て現職。
専門は「保育学」「児童福祉」「子育て支援」。三人の男の子それぞれに育児休暇を取得。それらの体験をもとに「父親の育児支援」研究を始める。
日本初の父親の自主支援団体NPOファザーリングジャパンの設立に関わり、理事や副代表を務める。現在は顧問として全国の父親活動に携わる。兵庫県、大阪府、京都府等で各種委員を務める。
東京大学発達保育実践政策学センター研究員として、全国の子育て家庭の調査を進める。
『「育休父さん」の成長日誌』(朝日新聞社)、『ワークライフバランス入門』(ミネルヴァ書房)、『子育てパパ力検定公式テキスト&問題集』(小学館)、『パパルール』(合同出版、以上共著)、『男の子の本当に響く叱り方ほめ方』(すばる舎)など、パパのための育児本&男の子の育て方本を多数執筆。近著に『マンガでやさしくわかる男の子の叱り方ほめ方』(日本能率協会マネジメントセンター)がある。

「2018年 『マンガでやさしくわかるパパの子育て』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小崎恭弘の作品

ツイートする