津波からの生還 東日本大震災・石巻地方100人の証言

制作 : 三陸河北新報社「石巻かほく」編集局 
  • 旬報社
3.92
  • (3)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (468ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845112746

作品紹介・あらすじ

巨大な波に翻弄されたあの日、何が生死をわけたのか。人びとの記憶からあきらかになる津波の真実!沿岸部各地の被災前と被災後がわかる航空写真を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 防風林をなぎ倒し、壁のように迫って来る巨大津波。道路には四方八方
    から水が迫り、大型トラックさえも軽々と水流に飲まれる。

    防波堤で視界が遮られ、迫って来る津波に気付かない人々に建物の
    上から「津波だ、逃げろっ!」とあらん限りの声で呼びかける人。

    僅かに水面から覗いた建物の屋上で身を寄せ合う人たち。水没しそう
    な車の屋根に登り、茫然としている人。

    何もかもを飲み込んで迫りくる巨大津波の映像は、今でも鮮やかに
    思い出すことが出来る。

    地震だけであったのなら、あれほどの犠牲者を出さなかったであろう
    東日本大震災。本書は石巻地方(石巻市、女川町、東松山市)で津波
    から生還した人々に取材したインタビュー集だ。

    巨大津波に翻弄され、自らも漂流しながら同じように津波に飲まれた
    人に救助の手を差し伸べた人のなんと多いことか。これが人間の
    「生きてやる」という本能なのか。

    100人それぞれの津波体験がある。そして、それは読む側の気を
    圧する力がある。あぁ、生きていてくれて有難う。心からそう思う。

    各章の巻頭には津波が襲来する以前と以後の航空写真が掲載
    されており、あの日の爪痕がいかに深かったのかがよく分かる。

    ここに、心情を吐露してくれた人たちの体験はとても辛いものだと
    思う。それをあえて語ってくれた人たちに報いる為にも、あの大震災
    と巨大津波は、今後起るであろう自然災害への対処への教訓と
    しなければいけないのだろうな。

  • まぎれもなく、被災者の声がここにある。
    主婦の人もいれば、役所の人もいる。
    食堂経営の人もいるし、漁師の人もいる。
    レスキューの人もいる。みなひとしく被災者だ。

    これを読んでいる途中に九州の地震は起きた。
    読んでいなければ「ひどいことが立て続いた」という
    陰惨な額装に飾ってしまうし、今もそうでないとは言えない。

    けれども、間違いなく別種の災害であるし、
    一つの原因とみられている多数の悲劇は
    それぞれ別種の悲劇だ。

    だから、これはモニュメントではない。
    モニュメントは代表してしまう。
    そうではなくて、代表されないものを個々人が抱える。
    それは話し言葉で伝えられて、そうしてはじめて個々人が抱えるのだ。

    彼らは死者と手をつないでいる。
    ことばによってその手はつながっている。
    あの場にいなかった読者と、
    この場にいられなかった死者の手は
    この人たちのことばによってつながる。

    それはモニュメントではないが、
    モニュメントに捧げられた花束とは同じかもしれない。

  • 実際に津波を目の当たりにして、実際に激流に飲まれながらも、生き残った人たちの言葉。重みが違う。入院中にこの本を読んでいたから、今自分はなんとか生きることができる。

  • 文字どおり津波から生還した100名の手記。目を背けてはいけない。忘れてはいけない。

    助かった方々は、暗闇の奥から、流れていく家や車の中から、助けてくれと言う声を聞いています。でも、どうすることも出来なかった。
    どちら側になるかは、運もあるようですが、それより「逃げる」という判断が比べられないくらい大きかったようです。

    さて、私たちはこの命を懸けた手記から何を学び取るのでしょうか。

  • 石巻かほく新聞に連載された100人の証言。ひたすら「聞き書き」であり、これは遺してゆく資料としても非常に重要であると思う。
    バイアスや脚色を感じさせない内容だと思う。
    普段の生活と共に、地震発生時のそれぞれの様子、その後どのように行動したか。また、津波発生時にどうように逃げたか。我々の生活の中に起こり得る事だという事が、少しずつ遠ざかっている気配もある今、読むべき一冊ではないかと思う。
    是非多くの方に手に取って頂きたいと思う。

  • 辛い記憶を掘り起こしてくださった方に感謝。

    旬報社のPR
    「巨大な波に翻弄されたあの日、何が生死をわけたのか、
    人びとの記憶から明らかになる津波の真実!」

全6件中 1 - 6件を表示

津波からの生還 東日本大震災・石巻地方100人の証言を本棚に登録しているひと

ツイートする