悪夢の超特急 リニア中央新幹線

著者 :
  • 旬報社
3.25
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845113644

作品紹介・あらすじ

総事業費9兆円。この史上最大の鉄道事業は、その問題点をほとんど報道されることなく着工目前まで来た。東京・名古屋間の286キロのうち86%の246キロがトンネルになることで発生する水枯れの可能性、処分方法の決まらない膨大な建設残土、掘り当てるかもしれないウラン鉱床、1日に1700台ものダンプカーが12年も走る村、10年以上も続く騒音と振動と土ぼこり、喘息、生活と交通阻害、生態系の劣悪化、立ち退き等々。今からでも遅くはない。JR東海は関係者、特に住民を軽視せず、徹底議論を図るべきだ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • リニア周辺の現状を知るのに、多くの人に読んでほしい本

  • 新書「リニア新幹線 巨大プロジェクトの真実」がざっくりとした内容だったのに対し、こちらは地を這うようにして取材し、警鐘を鳴らしている。かなり煽ったタイトルではあるが内容は感情的ではない。ひたすら事実を積み重ねていくことで問題点を浮き彫りにしている。そしてその問題点が具体的なのが良い。リニア計画について知りたければ、前掲の新書とあわせて読むべし。

全2件中 1 - 2件を表示

樫田秀樹の作品

ツイートする