読むだけで絶対やせられるダイエット・セラピー (セラピーシリーズ)

制作 : 阪本 章子 
  • ロングセラーズ
3.16
  • (5)
  • (17)
  • (28)
  • (7)
  • (5)
本棚登録 : 139
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845405541

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • "禁煙セラピーで有名な著者のダイエット本。禁煙セラピーでは読むだけでたばこをやめられるという本だったが、今度はやせることができる?という本。
    体重が超過していることで、健康にどんな影響を及ぼすかを説明、食生活の一般的な常識を見直すことから話が始まる。人間にとって食物の摂取を自然に行うということとはどういうことかという彼の理論を展開。食文化を見直すことで、口にするものを意識せざるを得なくなり、結果適正な体重になっていく。
    肉、牛乳などは、本来人間が摂取する必要のないものだと論破する。信じればやせられますよ。"

  • 10年前に同じ著者の『禁煙セラピー』でいとも簡単に禁煙に成功できたので、本書も読んでみたが、こちらはちょっと荒唐無稽でむちゃくちゃな我田引水ばかりなので、正直ちょっと…という感じ。

    -朝食はフルーツだけ
    -ジャンクフードに注意せよ(肉・牛乳も)
    -時間的習慣ではなく空腹になったら食事せよ

    『禁煙〜』と共通している思想は、「我慢は決して続かない」ということ。だから禁煙やダイエットを「後ろ向き」で「辛いこと」としてとらえるのではなく、「前向き」で「楽しいこと」に洗脳することに終始する。

  • 禁煙セラピーのときも思ったが、とにかく例えがおもしろくてうまい。動物はともかく、自動車や芝刈り機などなど。けっこうトンデモなことを言っていても、本を読んでいると「なるほど!」と思ってしまう魔力がある。本書では「食べる」と「食べ過ぎる」を分けて考えることや、「料理」の意味(まずいものをおいしくする技術)などが盛り込まれていて、『禁煙セラピー』よりも具体的な内容が多い。ダイエットの効果があるのかよくわからんが、食べ物と食事についての概念が、読むと少しだけ変わるかもしれない。

  • この本を読んで初めてダイエットに成功しました。一回目は読むだけで10キロ位みるみる痩せたのですが、その後10年後位にまた読んだ時は、あまり痩せませんでした。

  • 二番煎じはあかん

  • 読んでいると、ベジタリアンになれば
    身体にいい食事ができて、太らないというようなことが書いてありました。
    空腹時に果物を食べるというのはいいなと思ったのでやってみたいです。
    ただ、炭水化物とたんぱく質を一緒に食べないって難しい。。。

  • あえて洗脳されたい

  • 禁煙セラピーで有名になった著者の本。ダイエットと同じ観点でもできるとのこと。最初は、なるほど自然界に人間は目を向けるベキと感じるが、長引く文章の中でナチュラリストが如何に良いかという話に変わり。挙句、結局ベジタリアンが良いという結論。インパクトも何もない。禁煙の本が良かっただけに残念な一冊。

  • 禁煙セラピーの著者のダイエット本。これを食べたら痩せるとか、これを読んだら痩せるとか、この運動器具でどうとか、巷に溢れかえってるけど、そういうのにすぐ引っ掛かる精神がデブなんだよ。ダイエットなんて摂取カロリーと消費カロリーの足し算引き算しかないだろうに。

  • 半年以上かけてだらだら読んだせいか,全く内容が残っていない。要は,人間の体が本当に欲しているものは何か,真摯に考えようってことですかね。手法は一緒だが,禁煙セラピーほどドラスティックな効果はなかった。

全26件中 1 - 10件を表示

アレン・カーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
スペンサー ジョ...
村上 春樹
デール カーネギ...
ジェームズ アレ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

読むだけで絶対やせられるダイエット・セラピー (セラピーシリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする