禁酒セラピー [セラピーシリーズ] (LONGSELLER MOOK FOR PLEASURE R)

制作 : 阪本 章子 
  • ロングセラーズ (2011年12月23日発売)
3.78
  • (8)
  • (14)
  • (7)
  • (1)
  • (2)
  • 本棚登録 :88
  • レビュー :17
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845408887

禁酒セラピー [セラピーシリーズ] (LONGSELLER MOOK FOR PLEASURE R)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • GWを活用して禁酒しようと思って読んでみたけどできそうにないです。
    タバコは同じ手法で辞められたけど、お酒はどうも洗脳するには難しい。
    コントロール配下に置きながら摂取するという観点は大事なのでそこは入ってきたが、まったくもって辞めるのは難しいかな。

  • 「飲めば飲むほど渇きを覚える毒」確かにそうだと思います。

  • 最初は「まずい」と思って飲んでたのに、社会人になりストレスを解消するために毎日飲んでいたお酒。それが「毒」だったなんて。考えが180度変わりました。お酒を飲んでも、何の問題の解決にならないどころか、幸福を捨てているということに気づかされました。

  • 禁酒して72日めに、コレ読んだ。

    コレ自体は、そんなに禁酒に効くとは思えない。

  • 読んだからには、禁酒します。「嘘つきめ!」

  • お酒を飲む人は、年に一度クリスマスのときに甘口のワインを一杯飲むおばあちゃんから、起き掛けに迎え酒を飲むおじいちゃんまでのどこかにいる。
    アルコール依存症の区別はない。戻ろうと思って戻れないことにきずいたときが依存症。しかし、だれもいつでも戻れない。だれもコントロールできない。

    お酒をやめることは、人生をつまらなくすることではなく、もっと楽しむ方法だ。
    ストレスの解消になる、というのはウソ。むしろ飲んでコントロールできない現実を目の当たりにするほうがストレスになるはず。

    食虫植物に捕らえられたハエと同じ。だんだん深みにはまるだけ。
    精神力で我慢する、のではなく飲酒が必要ない、むしろ悪いものだと、悟ること。
    飲酒に理由はなく、言い訳があるだけ。
    薬物依存症だから、カンタンではない。精神力だけでは難しい。
    お酒を飲んでも勇気はわかない。外交的にもならない。無鉄砲になるだけ。身体の機能は失われる。健康が損なわれる。
    不快感を感じなくするだけで、不快感の元がなくなるわけではない。

    ゴルフをしない旅行はいけるが、お酒無しの旅行はいけない。
    お酒が楽しいのではなく、お酒の場が楽しい。お酒がなくても楽しいはず。
    アルコール依存は、幻想への依存。
    場がなくてお酒だけ、とお酒がなくて場だけ、はどちらが楽しいか。

    ドリンカーに利益があるなら、ヘビードリンカーにはもっと利益があるはず、だが実際はその逆。

    節酒はだめ。
    二度と飲めない、が不安だったが、飲まなくてよいという喜びに変わる。

    お酒はほどほどなら身体にいい=お酒は毒だ、と認めている。

    ビンテージワインとボジョレヌーボーとの矛盾。

    飲酒生活は不安との綱引き=健康の不安、ストレス解消の手段としての不安。お酒を飲まなければ両方から無塩でいられる。

    飲酒には利点はない。利点が欠点を上回るのではなくそもそも利点はない。

    お酒をやめたら、小悪魔が肩口からささやくが、もうじきいなくなる、と気付くこと。
    もう二度と飲めない、ではなく飲まなくてよい、と考える。
    代替品はつかわない。
    大悪魔を追い出す=お酒に対する概念を変える。
    ちょっと一杯、という一杯はない。

  • 一度読んで上手くいったが、年末に気が緩んだかまた飲み続けるようになってしまった
    再読してモチベーションを取り戻そう

  • 禁酒できませんでした。

  • お酒 = 毒。なんで、失うものは何もない!小悪魔が叫ぶが、すぐにいなくなるという事実を楽しむ。

  • レビューが良かったので購入し、楽しみにしながら2時間半くらいで一気に読み干しました。

    自分のハードルが高かったせいでか、思った以下だったのでこの評価です。

    アルコールは身体的な依存はない。
    精神面の部分でも、自分の精神が弱いのではなく
    アルコール自体が全て悪くて、アルコールにはメリットなどなにもないと言うことを著者は述べています。

    話す内容としては、心理学調で自分には少し読みにくい部分があったけど、
    一言でまとめれば「気づき」が重要だと言うこと。

    依存症系の本だとやはり、
    磯村先生の「二重洗脳」
    の方が分かりやすく心に響きました。

    だけどこの本でも響く部分は何個かあっので、
    抜粋しておきます。


    ・嫌なことを忘れる為に大量のお酒で体の感覚を麻痺させる、しかし酔いが覚めれば、その悲しみはまだそこに存在する

    ・自分に自信をつけたり、引っ込み思案を治す為に飲んでるとしたら危険
    暗くなったり緊張したりする原因から逃げてるだけ

    ・禁酒に代替品はいらない
    人生に空いた穴をお酒が満たすのではなく、
    その穴こそお酒が作ったもの

    ・禁酒したとしても、今まで遊んでた友達との縁を切る必要はない

全17件中 1 - 10件を表示

アレン・カーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
ジェームズ アレ...
村上 春樹
又吉 直樹
デール カーネギ...
シーナ・アイエン...
有効な右矢印 無効な右矢印

禁酒セラピー [セラピーシリーズ] (LONGSELLER MOOK FOR PLEASURE R)に関連する談話室の質問

禁酒セラピー [セラピーシリーズ] (LONGSELLER MOOK FOR PLEASURE R)はこんな本です

禁酒セラピー [セラピーシリーズ] (LONGSELLER MOOK FOR PLEASURE R)を本棚に登録しているひと

ツイートする