「アホ」がプロ野球を滅ぼす (ロング新書)

著者 :
  • ロングセラーズ
2.71
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 19
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845408955

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 野球に全く興味がないのに買ってしまったのは、この人をテレビでお見かけする度に何か凄いことを言ってそうなのに、自分には全く理解ができず、本でだったら分かるかな~という期待があったのと、この人に漂うなんというかおかしみのせいです。読んで私はなるほど、と思いましたが、反論の用意がある人もいそうな気配がします。後はやっぱり本からもおかしさが漂っているんですが、なんなんでしょうか。ものすごく理知的な本なのですが。

  • 日本プロ野球の問題点を明示し、それに対する著者の改革案を提示している本。
    球団の組織構造、プロ野球の制度、利益構造、各球団が抱える問題などいろいろな視点から書かれており、最後にそれに対する改革案を書いている。
    単に勢いや感情論だけでなく論理的に書かれており著者のインテリジェンスを感じるが、内容に多少の矛盾(例:ある章では地域密着を推奨しているのに、ソフトバンクの項では全国区になれていないなどと記述、等)や、安直な楽観論(例:アメリカでうまく行っているのだから同様の施策を行えば日本でもうまく行くはず、等)が書かれており、著者の現状を憂う気持ちは理解するものの改革案としてはレベルが低いのが残念。

  • 現在の日本プロ野球の課題を提示し、著者ならではの改革案を掲げている。清武の乱の事情、球団経営の構造、制度、12球団それぞれが抱える「アホ」な問題など野球界の危機を真正面から捉えている。著者の野球愛を感じる。

  • これだけ好き勝手言えば球界に居場所は無くなるわ。空論だな。

全4件中 1 - 4件を表示

「アホ」がプロ野球を滅ぼす (ロング新書)のその他の作品

江本孟紀の作品

ツイートする