地球が天国になる話 (ロング新書)

著者 :
  • ロングセラーズ
4.14
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845409150

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 劣等感について知りたくて読書。

    劣等感をキーワードに展開する。
    最後に加藤諦三氏の著書を紹介している。確かに氏の著書は劣等感、自己嫌悪、親からの影響について言及するもが多く複数読ませてもらっている。

    劣等感を完全になくすことは難しい。しかし、相対的な割合を減らすことはできる。劣等感の負の影響を小さくすることは習慣を変えることでできると紹介されている。

    まずは話す言葉を変える。天国言葉を意識して用い、地獄言葉を使わない。

    言葉→感情→思考→行動→結果
    で変わる。

    自分を褒める。アファメーション。小さくてもいいから達成感を感じるような仕組みを作り取り入れる。自分をどうやって制御して継続して乗せていけるかが劣等感の影響を減らし自己肯定感をコツコツ増やす上で必要。

    大切なことは自分には感じている劣等感があると認めること。それに対峙し、逃げないこと。劣等感を原動力に利用すること。

    読書時間:約25分

    • だいさん
      >親からの影響

      ここを克服するのは なかなか難しいですよね
      >親からの影響

      ここを克服するのは なかなか難しいですよね
      2016/09/09
    • びあしん慶次郎さん
      そうですね。長年影響を受け続ける人がいる一方、反面教師的にして影響を受けない人もいるので本人次第(育ちや教育環境?)とも言えますよね。
      そうですね。長年影響を受け続ける人がいる一方、反面教師的にして影響を受けない人もいるので本人次第(育ちや教育環境?)とも言えますよね。
      2016/09/09
  • 子供の時に受けた無実の劣等感を大人になっても持ち続けてしまうのは、自分のことを避難し続ける悪徳裁判官が自分の中にいるからなんだ。


    今までずっと付き合ってきた、自分を好きになれなかったことが、すーっと解決した。

    その因果は断ち切らなくてはいけないよ。

  • 怒りは、不安や嫉妬心のあらわれ。

  • 毎日、夜寝る時もCDを流しっぱなしですが、今回は、「ああ、分かる、分かる」と。




    すぐに怒る人は、実は劣等感を持っている人。

    もっと弱そうな人を探して、イライラの憂さ晴らしをしているにすぎない。



    そして、その憂さ晴らしをうけた自分は、「ああ、自分はダメな人間だ」と思う。

    自分にとって、大人は「完全」だから。




    でも、あなたが劣等感を持ったのはあなたのせいではなくて、周りが未熟だったから。そして、周りも自分自身の未熟に気がつかなかったからだけ。




    相手の差し出す毒や劣等感や不幸を真面目に食べてしまわないこと。



    「いじめ」の問題にもそういう病理があるのかもしれない。

    すなわち、いじめる方も、いじめられる側も病理を抱えている。

    いじめられる側は、真正面から相手の「毒」を食べてしまう人に限られている。



    いじめられる方も悪い、いじめられる方にも原因がある、という議論があるが、

    確かにそうかもしれない。

    原因があろうが、いつも笑顔で、周りに優しくしていたら、誰もその人の敵にはなれない。



    しかし、そんなことは全く問題ではない。悪や原因を追及することは何にもならない愚かな手段。

    「あなたは、根本的に悪くはない!」という側からのアプローチが大切。

    他人から何何をされていじめられたと、被害者に止まることやそれを正当化することに何の意味があるのか。

    これから、どう幸せになっていくか。それこそが過去をのりこえる唯一の力なのである。


    自分の中にいる「悪徳裁判官」が、「自分は駄目だ駄目だ」と「恐れ」を植え付けて、劣等感から引き離すまいとしているということ。

    自分を肯定したくても、過去の記憶がそれを邪魔するのである。




    大切なのは、

    自分自身を尊重して、尊敬して、愛すること。



    「ナルシスト」だとか、くだらないことをいって、人が幸せになる邪魔をしない。




    「初めに言葉ありき」で、

    自分の中に、不安や劣等感で押しつぶされそうになったら、

    天国言葉で光を灯す。





    愛しています

    ツイてる

    嬉しい

    楽しい

    感謝します

    幸せ

    ありがとう

    赦します



    私は愛と光と忍耐です

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

斎藤 一人(さいとう ひとり)
1948年、東京都江戸川区生まれの実業家。銀座まるかん創設者。1993年以来、毎年、全国高額納税者番付(総合)10位以内にただ1人連続ランクインし、2003年には累計納税額で日本一になる。土地売却や株式公開などによる高額納税者が多い中、納税額はすべて事業所得によるものという異色の存在として注目される。
著書に、『普通はつらいよ』『斎藤一人 世界一ものスゴい成功法則』『成功力』『斎藤一人 仕事はおもしろい』、共著に『斎藤一人 父の愛、母の愛』(すべてマキノ出版)などがある。

地球が天国になる話 (ロング新書)のその他の作品

地球が天国になる話の詳細を見る Kindle版 地球が天国になる話 斎藤一人

斎藤一人の作品

ツイートする