元気セラピー

著者 : 大谷由里子
  • KKロングセラーズ (2012年12月20日発売)
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :10
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845409211

元気セラピーの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【生き方】元気セラピー/大谷由里子/20170215/(20/616) <214/71137>
    ◆きっかけ
    ・会社組合本棚

    ◆感想
    ・これまでの自分自身の経験、他者からのアドバイス、他の著書等から、既に心掛けているものが多く、本著に限って真新しい話は特にない。が、良く整理されていて、以下のメモ(特に最後の自分への問いかけ)だけでも折に触れて見て、チェックするのはいいかも。
    ・周囲で元気のない人には是非進めたい一冊。

    ◆引用
    ・毎日ご機嫌でいるのは難しいが、一瞬でもいっから自分でさわやかな瞬間を作ろう。
    ・心の危機管理は自分の責任。日頃からセンサーのお手入れを忘れずに。
    ・自分が出しきっているか、いつもチェック。精を出す
    =>・元気になることばを使おう10個くらい
    ・ゴチャゴチャ考えずにとにかく寝てスッキリしよう。悩みも一晩熟成させれば、勝手に落ち着きどころを見つけてくれる。
    ・悪いことこそオープンに。ヘタに絆創膏貼るから膿になる。風にさらして、早いところ乾かしてしまおう。
    ・期待するのは一人につき一つだけ。あとはおまけ。期待するからイライラして、元気がなくなることがある。
    ・コーチングの3技術:相手を認め、引きだして、応援する。
    ・またこのおっちゃんなんか言ってる、くらいの受け流しを。
    ・作業はいくらやっても満足はあっても感動はない。
    ・余裕こそ、元気の糧
    ・死ぬことを意識すると、生きることを意識する。生きているうちになにをしたいのか、と向き合わなければならなくなる。
    ・人と比べるより、昨日の自分と比べる。
    ・やらなければならないこと、で追い詰めすぎない。
    ・人生は舞台、ここからの筋書きは自分で作る。
    ・自分を大切にするためには自分を知る必要がある。
    ・それでもいいだよ、バカなこといっぱいしちゃったね、だけど私は私のことが好きだよ、と自分を労わって大切にしてあげる。
    =>常に以下自問自答するのが大切。日々意識してないと流されるだけになるので意識的に考えること。
     -したいことは何ですか?
     -できることは何ですか?
     -今、しなければならないことは何ですか?
    ・自分の無理が誰かを幸せにするなんてことは決してない。
    =>・うれしいシチュエーションを自分の中で明確に。それに向かって進んでいける。
    =>・期限を切って、先の楽しみを作ろう。-一か月後、三か月後、六か月後、一年後、3年後
    ・ハードルの高さ設定と、ごぼうびの適正価格は自分が良くわかっているハズ。
    ・会いたい人がいるから頑張れる。
    ・わくわくする人をいっぱい作る
    ・相手といて、自分が心地よくいられる時間と間隔をしっかり見極める。
    ・自分にとって若い人は誰?若い人も否定しない、今の自分も否定しない、そんな心の余裕を持つ。
     -どんな若い人と会いたい?
     -若い人とどんな話をしたい?
     -若い人からどんな話を聞きたい?
    ・近づいてはいけない人物=自分を正当化することにエネルギーを使う人。
    ・体の中で、胃袋が一番手っ取り早く幸せになってくれる。
    ・自分への問いかけ集
     -生きていることを実感しているか?
     -人に優しくしているか?
     -幸せか?
     -人のせいにしていないか?
     -人生を楽しんでいるか?
     -人を楽しませているか?
     -余裕を持って生きているか?
     -素敵な笑顔をしているか?
     -文句ばかり言っていないか?
     -夢を見失っていないか?

  • 簡単でよいぞ。

全2件中 1 - 2件を表示

元気セラピーのその他の作品

大谷由里子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

元気セラピーはこんな本です

元気セラピーを本棚に登録しているひと

ツイートする