この一冊で仕事術が面白いほど身につく落語力

著者 :
  • ロングセラーズ
3.58
  • (2)
  • (5)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845409389

作品紹介・あらすじ

ビジネスに必要な「会話力」「交渉力」「接客力」「忍耐力」はすべて落語が教えてくれる。天才立川談志に学んだ話し方のプロが伝承!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 少しマッチョイズム(特に談志師匠との付き合い方のところ。)を感じるが、落語をどう社会生活に落とし込むかがわかる。気になる落語家。

  • 『芝浜』の女房に学ぶ「シャットアウト力」
    ここからは個人的に止まらなかった。

  • 慶應経済卒、ワコール勤務、吉本福岡一期生という
    特異な経歴で談志に入門した人気落語家による2冊目の著書

    落語とビジネススキルアップの共通点を
    談志から著者がもらった珠玉の言葉と照らし合わせながら
    悩める社会人に語りかける

    “この一冊で仕事術が面白いほど身につく”(副題)と同時に
    “この一冊で落語の素養も面白いほど身につく”本

  • おもしろい。

  • 落語家の本て、良し悪しが現れ過ぎてて面白い。

    つまんなかった。
    ビジネス本なら、そっち読むし…

  • 談慶師匠、二冊目はよりビジネス書(自己啓発書)という感じ。
    悩める若いサラリーマンの方は、ぜひ手にとっていただきたい。何らかのヒントが得られるはず。
    三部構成になっているが、個人的には第三部の落語の底力がたっぷりでもよかった。

  • 落語は人間なんて大したことないという前提。大したことない。

  • 談慶師匠の語りを聞いているように読んでいけるビジネスマンに向けて落語やご自身のサラリーマン時代の体験を元に書かれた二冊目。やっぱり読んでいて思うのは立川談志さんという師匠がいらしたことの羨ましさでしょうか、人が人に惚れる、師弟関係というものは当人からすればしんどくてきつくて嫌なことも多々あるには違いないとは思うけど人間的にも落語家としても圧倒的な魅力と才能を持っていた方のお弟子さんだったことが談慶師匠の人間力というか魅力を押し上げていく大きな要因になったんだろうなと。
    若いビジネスマンが読むときっとこんな上司がいたらいいのにって、でも怖いけどやっぱり欲しいって思うだろう。落語の演目から会話だったり忍耐について書かれているのでやはりその落語を聞きたいなと思う。

    うまいことを書かれたあとに照れ隠しみたいな(うまい!)とかの描写はない方が読み手にいいのになって少し思いました。書かれちゃうとそれが薄まっちゃうという所はありますね。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

落語家

「2017年 『人生を味わう 古典落語の名文句』 で使われていた紹介文から引用しています。」

この一冊で仕事術が面白いほど身につく落語力のその他の作品

立川談慶の作品

ツイートする