今、そこにある苦悩からの脱出

著者 :
  • ロングセラーズ
3.50
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845422081

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • p.39
    「心の調子を良くするのが大変でも、身体の調子を整えると心が回復することがあります。
    身体の調子がいいときには、落ち込んだ心でいることの方が難しいからです。」


    p.61
    「目標を持つと同時に、それをゴール、今をスタートとして、
    辿るルートを逆算的につないでいくということが必要です。」


    p.90
    「情報を受け取る時点で、それを伝える側に身を置く、
    教える側の視点を持つことで、
    理解や習熟が格段に早まります。」


    p.109

    「他人からの評価に心が右往左往してしまうのは、
    エネルギーの浪費です。」

  • 斎藤孝さんの経験、こういうときにこう考えてやっていた、ということがかなり含まれています。自分と似ているなあと思うことがかなりあり、触発されました。

  • 肩をぐるぐる回しながら頭もぐるぐる回す人でおなじみ、
    齋藤孝さんの近著。これはいまひとつでした。

    というのも、ご自身の経験から書かれているのですが、
    「苦悩からの脱出」というよりは「自伝」という立場に近く、
    まさに苦悩から脱出したい自分にとっては、
    ちょっとタイトルと離れた中身だったからです。

    基本的には精神論と過去語りなので
    齋藤さんの過去に興味がお有りな方は
    読んで損はないかもしれません。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

齋藤 孝(さいとう たかし)
1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。学者、作家、文化人の役割で多くのメディアに登場している。
2001年『身体感覚を取り戻す』で第14回新潮学芸賞を受賞。2001年発行の『声に出して読みたい日本語』は250万部を超えるヒットとなり、第56回毎日出版文化賞特別賞を受賞。
その他、『語彙力こそが教養である』など多くの著書があり、発行部数は1000万部を超える。『こども孫子の兵法』など監修作のヒットも多い。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導。

今、そこにある苦悩からの脱出のその他の作品

齋藤孝の作品

ツイートする