お笑い芸人に学ぶ ウケる!トーク術 昨日起こった出来事を面白く話す方法

著者 :
  • リットーミュージック
3.18
  • (6)
  • (30)
  • (45)
  • (21)
  • (1)
本棚登録 : 475
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845617555

作品紹介・あらすじ

なぜお笑い芸人は普通の話をウケる話に変えられるのか?-その答えがここに。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 見習うべきです。

  • 強いハートを作るための電車や映画館での心がけが面白かった。ネタの探し方、話し方については特に新しい発見はなかったけど、要所で出てくる例は笑えるものが多かった。

  • シンプルにまとまっている。
    内容は薄いけどその通りだと思い、
    気づきもあった。

  • 当然の内容が書かれている。
    慣れが必要。街中でチラシを配っている人に話しかけて、喋る練習をする。起承転結など。
    例示が多く、分かりやすい。

  • 2016/2/22

    すべらない話が観たくなった!ユーモアを身に付けたい( ´ ▽ ` )ノ

  • 芸人だからといって特段不思議なことはしていない。
    基本は単純な方法論の積み重ねだなと。

    あまり意識せずに感覚で行っていることに対して
    「なるほどこういう効果があったのか」
    と思う部分もありつつ。再確認ですね。

    未だ読んでいる途中ですが感触は悪くないですね。
    人間関係を円滑にする参考になったらと思います。

  • 知っておいて損はないと思う。
    鉄板のネタトークを、改めて磨くのにはいいかも。

    ただし、そもそものネタが面白いかどうかの見極め方は、ほとんど載っていない。
    まあ当たり前かもしれないが、その辺りは個人のセンスに委ねられるということなのだろう。
    どれだけ上手く調理しても、食材がマズければ出来上がりもそれに従うのと同じ。

  • トークの作り方は起承転結にまとめ、そこに肉付けし、脚色する。起承転結の起承転までがフリ。結がオチなのでそこを間違えないこと。そして、比喩、擬態法を使ってさらに人物を演じておもしろおかしくトークする。

    基本は上の通りだけど実際に、面白くない話を面白くしていく過程が書かれているので、読む価値有り。でも面白くない話は脚色しても面白くないよなぁ。実際に話を聞くと面白いんだろうか。。。

  • よくまとまってます。

  • 40分で読了。
    途中でこの本を昔読んだことがあったことに気付くというマヌケっぷりにしにたくなるも悔しいからそのまま読破。内容はあるのかないのかわからん。ふーんって感じ。当たり前といいば当たり前という内容。上手い例えができるようになりたいなり。

    p13
    精神的に全裸になれ

    話がウケない例
    感情が入ってない
    登場人物を演じ分けられてない

    緊張しない方法は、慣れ。
    誰も自分の話には期待してないと思い込む。

全38件中 1 - 10件を表示

お笑い芸人に学ぶ ウケる!トーク術 昨日起こった出来事を面白く話す方法のその他の作品

田中イデアの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ジェームス W....
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

お笑い芸人に学ぶ ウケる!トーク術 昨日起こった出来事を面白く話す方法を本棚に登録しているひと

ツイートする