ソーシャル時代に音楽を“売る"7つの戦略 “音楽人"が切り拓く新世紀音楽ビジネス

  • リットーミュージック
3.42
  • (3)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 84
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845621569

作品紹介・あらすじ

ソーシャル時代に音楽を"売る"戦略を、ソーシャルメディアを土台にして、PR、ミュージックビデオ、レガシーメディア、ディストリビューション、ライブ、成果報酬型プロモーションの7つのフェイズに沿って、豊富な取材や実例を元に紹介。すべてのミュージシャンやスタッフが"音楽人"として、楽曲とリスナーをつなげる役割を担っていく時代に必要な常識が、ここにある。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 音楽ビジネスのこれからのお話

  • ・共有はwho文脈、拡散はwhat文脈。ソーシャルメディアで口コミを考える場合、それが共有なのか、拡散なのかを企画の際に事前にプランニングする必要がある。

    ・ソーシャルメディアの強みは、潜在層とファン層にアプローチできること。友人知人をと通して潜在層を動かすことと、ファン層にアプローチしてエバンジェリストにすること。

    ・音楽はこれから所有から共有される方向へ進む

    ・可処分時間の中で、音楽の占める割合は減っている。共有から始まるストーリーを設計し、それを用いてもっと音楽に時間を割いてもらって、もっと音楽への関与度をたかることが重要

    ・重要なのは、自分事にさせること。ユーザーの中にアーティスト、世界観の結晶を生成できるかどうか

    ・現状、レーベルは試聴機プラットフォームをyoutubeにゆだねている状態。

    ・VEVO、tunecore japan

  • すいません。4人の著者の内の一人です。忌憚の無い感想、ご意見をお聞かせください。
    よければ、FBページにもいらしてください。発刊後に継続的に意見交換の場を持ちたいと思っています。
    http://www.facebook.com/socialmusic7

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

山口哲一(Norikazu Yamaguchi)音楽プロデューサー、コンテンツビジネス・エバンジェリスト。(株)バグ・コーポレーション代表取締役、『デジタルコンテンツ白書』(経済産業省監修)編集委員。プロデュースのテーマにソーシャルメディア活用、グローバルな視点、異業種コラボレーションを掲げている。スタートアップを対象とした「START ME UP AWARDS」やプロ作曲家育成「山口ゼミ」、「ニューミドルマン養成講座」を主宰するなど次世代育成にも精力的に取り組んでいる。著書に『ソーシャルネットワーク革命がみるみるわかる本』(ダイヤモンド社)、『世界を変える80年代生まれの起業家』(SPACE SHOWER BOOKs)、『とびきり愛される女性になる。』(ローソンHMVエンタテイメント)『最先端の作曲法・コーライティングの教科書』(リットーミュージック)などがある。

「2015年 『10人に小さな発見を与えれば、1000万人が動き出す。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ソーシャル時代に音楽を“売る"7つの戦略 “音楽人"が切り拓く新世紀音楽ビジネスのその他の作品

山口哲一の作品

ソーシャル時代に音楽を“売る"7つの戦略 “音楽人"が切り拓く新世紀音楽ビジネスを本棚に登録しているひと

ツイートする