俺が叩いた。ポンタ、70年代名盤を語る ((ソフトカバー))

  • リットーミュージック
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845627646

作品紹介・あらすじ

ポンタとともに"日本の音楽を変えた"若き才能たちとの70'sストーリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784845627646

  • 日本を代表するスーパー・ドラマーの一人、村上”ポンタ”秀一が1970年代に制作に参加したアルバムについて、当時の状況や思い出を語ったインタビュー集。
    ごく一部ではあるが、取り上げられたアルバムは以下の通り。
    赤い鳥『美しい星』、『祈り』
    五輪真弓『冬ざれた街』
    吉田美奈子『MINAKO]』、『FLAPPER』
    山下達郎『SPACY』
    高中正義『TAKANAKA』
    松岡直也&ウィシング『ザ・ウインド・ウィスパーズ』
    渡辺香津美『KYLYN』、『KYLYN LIVE』

    数えきれないほどのセッションに参加しているのに、当時の事を鮮明に覚えている記憶力に脱帽。
    故大村憲司とはかなり深くつながっていたことを始めて知った。
    また、紹介されているアルバムも聴いたことがないものが多かったのでこれを機会に聴いてみたい。

    なお、本書でポンタ氏が歌うドラム演奏を実践している旨の発言をされているが、30年以上前に、某大学の学園祭でEPOのステージを観たときにポンタ氏がドラムをたたいていたのだが、気づくとEPOではなく、ポンタ氏の演奏を見ていたことがたびたびあり、それは「歌うドラム」のせいだったんだと、長い時を経て納得した次第。

    あ、あと表紙のポンタ氏写真がサイババみたいな写りなので、もし再版がかかるようであれば別の写真にした方が良いと思った。

  • 村上“ポンタ”秀一が、インタビューされる形で1970年代に自身が叩いた名盤を振り返る、という内容。
    40年前の出来事ということもあり記憶が不鮮明な部分もあるが、当時の音楽シーンなどが詳細に語られている。

    私は音楽やドラムにあまり興味がないので点数が低めだが(ポンタさんが語るドラムの用語についてはちんぷんかんぷんなのだ)、興味がある人にとっては読んで損はないのだと思う。

    ちなみに、伊太地山伝兵衛仕切りのスティーヴ・ガッドとのツインドラムは、取材者による注釈で2014年となっているが、正しくは2013年の誤りである。

    個人的には1990年代から2010年代までの話を聞いてみたい。
    つまり、(世の中では注目されないであろう)伝兵衛さんとの絡みなんだな。

全3件中 1 - 3件を表示

俺が叩いた。ポンタ、70年代名盤を語る ((ソフトカバー))のその他の作品

村上“ポンタ"秀一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吉田 豪
恩田 陸
リンダ グラット...
ピエール ルメー...
遠藤 周作
内館 牧子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする