やわらかい頭 (a‐tempo)

著者 :
  • リブロポート
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (84ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845707126

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ①妄想は悪くない
    ②こういうこと考えても無駄だなぁという考えが無駄
    ③柔らかく考えてみよう

  • 長新太大先生の隠れた名著。そのナンセンスさとアバンギャルドさ満点の内容には、確かに頭がやわらかくなければついていけません(やわらかくてもついていけないけれども)。また、それぞれの短編の最初に出てくる先生のメッセージ、知識の宝庫ではあるけれども正直何を言っているのか良く分からない!でもまたそこが素敵。

    全体を通して恐ろしく情緒溢れる仕上がりになっています。うーん、名作とはこのような本のことを言うのですね。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1927 年、東京に生まれる。漫画、絵本、イラストレーション、エッセイなどさまざまな分野で活躍する。絵本に、『おしゃべりなたまごやき』( 文芸春秋漫画賞)、『ぞうのたまごのたまごやき』( 小学館絵画賞)、『はるですよふくろうおばさん』( 講談社出版文化賞絵本賞・講談社)、『さかさまライオン』( 絵本にっぽん賞)、『ゴムあたまポンたろう』( 日本絵本賞・以上童心社)、『キャベツくん』( 絵本にっぽん大賞・文研出版)、『ぼくはイスです』(亜紀書房)など多数。巌谷小波文芸賞受賞。路傍の石幼少年文学賞受賞。2005 年没。

「2016年 『これが好きなのよ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長新太の作品

やわらかい頭 (a‐tempo)を本棚に登録しているひと

ツイートする