地に火を放つ者―双児のトマスによる第五の福音

著者 :
  • トレヴィル
4.20
  • (4)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (689ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845707522

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 福音書を今の言葉で書いており、イエスだけでなく、12使徒が人間性豊かに描かれていて、とても分かりやすい。キリスト教が、ユダヤ教の1セクトでなく、世界的な宗教になっていった背景が伝わってくる。

  • キリスト教の宗教画を見るたびに、詳しいエピソードを知らないためもどかしい思いをしてました。だからといって聖書を読むのもちょっと……と思っていたところにあら、いい本発見。小説故の特異な設定も多々あるんでしょうけど、わかりやすいし面白かったです。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1948年大阪生まれ。早稲田大学卒業。1977年『僕って何』を「文藝」に発表し、芥川賞受賞。以後、小説、評論、エッセイと幅広く活躍している。著書に、『いちご同盟』『空海』『西行 月に恋する』他多数。

「2017年 『白村江の戦い 天智天皇の野望』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三田誠広の作品

ツイートする