麗人伝説―セルジュ・ルタンスと幻の女たち(ファム・イデアール)

著者 :
  • リブロポート
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845708949

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (1999.12.25読了)(1998.02.14購入)
    (「BOOK」データベースより)
    コズメティック(化粧品)の語源はコスモス(宇宙)に由来する。メーキャップとは小宇宙(人体)の神秘をさぐり、完璧な理想へむけてそれを秩序化する作業なのだ。資生堂のイメージ・クリエーターをつとめるルタンスの作品に、太古の神話的記憶にもとづく「元型」を見い出し、デジタル・ナルシスをとりまく欲望の迷宮からの脱出口を探る。

    ☆西垣通さんの本(既読)
    「秘術としてのAI思考」西垣通著、筑摩書房、1990.01.30
    「電脳汎智学」西垣通著、図書新聞、1994.02.21
    「マルチメディア」西垣通著、岩波新書、1994.06.20
    「聖なるヴァーチャル・リアリティ」西垣通著、岩波書店、1995.12.05
    「インターネットの5年後を読む」西垣通著、カッパ・ブックス、1996.04.25
    「インターネット社会の正しい読み方」牧野昇・西垣通著、PHP研究所、1996.11.07
    「デジタル・ナルシス」西垣通著、岩波・同時代、1997.01.14
    「メディアの森」西垣通著、朝日新聞社、1998.10.30

  • セルジュ・ルタンスのついての伝記でもなくて,なんか哲学書みたいな感じがした。

    私の購入した(選んでもらった?)香りはこういう哲学から作られているのか・・・。
    似合う女性にならなくちゃ(苦笑)。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

東京経済大学コミュニケーション学部教授/東京大学名誉教授

「2018年 『基礎情報学のフロンティア』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西垣通の作品

ツイートする