黄泉(よみ)の女―トゥ・ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド

  • 12人登録
  • 4.60評価
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • トレヴィル (1995年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784845709793

黄泉(よみ)の女―トゥ・ジ・エンド・オブ・ザ・ワールドの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「黄泉の女」に登場する女たちは異形であったり、恐ろしい表情をしていたりで、一見人間離れしている容貌なのだけど、シリーズの中で一番「人間」を感じとることが出来、愛し愛されることを考えた。
    しかしながらあとがきによると「19世紀当時の女性観の反映」とあり、女たちにあらゆる罪をきせた男の女性観を描いたものとあった。その背景とか勉強不足で知らなくてあれなのだけど、聖母だけが女性ということでは無いので、そういうことを言ってる女性観の方が逆におかしいのでは、と思った。

  • 黄泉の女にテーマに19世紀末の絵画を集めた画集。
    わたしが一番印象的なのはヒューゴ・シンベリの描く
    「傷ついた天使」という絵画。
    二人の少年が、担架のようなものをかつぎ、
    金髪の少女の天使を運んでいる絵です。
    天使はシロツメクサのような花を片手に持って、
    目には白い目隠しをして俯いています。
    この絵の中で唯一こちらをむいているのが、
    担架の後ろ河を担ぐ少年なんですが、
    それがわたしには「スタンド・バイ・ミー」の頃の
    リヴァー・フェニックスと重なって見えて仕方ないです。

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

黄泉(よみ)の女―トゥ・ジ・エンド・オブ・ザ・ワールドはこんな本です

黄泉(よみ)の女―トゥ・ジ・エンド・オブ・ザ・ワールドを本棚に登録しているひと

ツイートする