サバイバル (1) (リイド文庫)

  • リイド社 (2001年6月1日発売)
3.89
  • (34)
  • (35)
  • (40)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 220
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・マンガ (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845821365

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全巻(1~10巻)購入。
    災害時、生き延びるためのバイブルとのことで私もサバイバルスキルを身につけたくて読んだのですが...。

    サバイバル生活に適応できる人って限られますね。
    逆境に耐えられるもの凄い精神力を持っていること。
    そして、もう街でなくなった荒地にいる野獣と格闘したりできる肉体であり、感染症に罹っても回復できる体力がなくてはならない!
    もう、私なんてムリムリだって。

    主人公の鈴木サトルは中防のくせに苦難を乗り越え逞しい。
    こんな子いないよ。
    まぁ、サトルの高スキルサバイバーっぷりを見ていただきたいです。

  • さて、これでも読んで気を引き締めるか。http://zazamusi.blog103.fc2.com/blog-entry-722.html

  • 評価が高いのもわかりますし、内容がタイトル通りのサバイバルなので、その生き方を学び考えるには面白いかもしれません。
    まだ、一巻なので未知なところもりますが、私はあまり話の趣旨と言うか、ストーリーがよくわかってないです。
    ただ単にサバイバルの本で生きることが目的なんでしょうかね。
    地震が起きて、目が覚めたら洞窟で、外に出たら無人島らしきとこ。タイトルが日本沈没なんでわかるんですけどね。

    とりあえず、自分だったらすぐ死にそう。
    罠とか武器とか作る知識もリアルではなかなか…。主人公の運のよさはすごいですけど笑

  • 昨今のサバイバルブームはこの作品を読むと少々薄っぺらく感じる。あるものを出来る限り有効に使い、食べられるものは毛虫だろうと何だろうと食べる。ただ生きる。それだけなのに重い。登場人物はごくわずか。死ぬのが当たり前の世界で徐々に強くたくましくなっていくサトルにはただ「生きて欲しい」これのみを祈ってしまう。

  • まさにサバイバル。

    読み始めたら止まらなくなる。

  • 往年の名作
    本当にリアルに書かれてる
    どきどきしながら夢中で読みました

    未読の人には是非読んで貰いたい作品です
    ただ終わり方に納得いかない
    なんであんな歯切れの悪い打ち切り的なラストなのか
    書くの飽きたのかな?
    まさか本当に打ち切りになったとか?

  • 劇画風のタッチがこういうパニックものにはあっている。
    一人の少年が家族に会うまでまさしく「サバイバル」をするのだが、細かい描写や生き抜く知恵が満載で子どものようにハラハラしながら読んでしまった。

    ときどき社会の教科書のような問題提起をするのがベテランらしくてよかった。

  • 一人で行きていく為の知恵(?)が満載。ついつい読み込んでしまう。サトルの知識、生命力はもの凄いものがある。にしても、ネズミ恐ろしい‥。

  • ワイド版で読んだが、また読みたい。ラストがいまいちだった記憶があるが、サバイバルものの漫画でこれをしのぐ面白さのものはない。

  • さいとうたかおの名作です。
    私はゴルゴ13より好きです。
    少年が生きるためにいろいろ工夫して、失敗しながらも
    たくましく生きる姿に感動します。

    今こそ生きる力を取り戻そう! (06/19)
    http://rimaroom.jugem.jp/?eid=700

全34件中 1 - 10件を表示

サバイバル (1) (リイド文庫)のその他の作品

サバイバル 1巻 Kindle版 サバイバル 1巻 さいとうたかを
サバイバル 1の詳細を見る 単行本 サバイバル 1 さいとうたかを

さいとうたかをの作品

サバイバル (1) (リイド文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする