サバイバル (10) (リイド文庫)

  • リイド社 (2001年10月1日発売)
3.74
  • (6)
  • (3)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :52
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845821457

サバイバル (10) (リイド文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • サバイバル。
    大地震によって崩壊した文明社会、サトルは自身の体で家を衣類を作り、食べられる野草を舌で確かめていく。

    離れ離れになった家族を捜し求める少年の物語ですが、一度は読む価値ありですね。再読するため電子書籍で買いました。

    僅かな知識と、勘と、ただ生きたいという思いだけを頼りに、ミミズを煮て食べ、動物園のオリを出た虎を撃退し、フェーン現象によって高熱化した山を下る。。。壮絶。

    読むと、なんだか無性に叫びたくなる。シロとの別れのシーンは、何度も読み返したくなる。

  • 最近流行の世界崩壊をどう生き残るかという実践本のはしりにしてバイブル

  • バイブルだ!

  • 文庫版で全10巻。天変地異に襲われた日本で少年がサバイバル。もー本当に救いのない話で恐ろしいことこの上ない。画も怖いし。地の文が「少年は○○を知った!」…と、妙な説明口調で生き抜き方を教えてくれるけど、正直、こんな世界で生きたくない…。とりあえず、鼠が心底嫌いになりました。あと外国人の顔がゴルゴ。

全4件中 1 - 4件を表示

サバイバル (10) (リイド文庫)のその他の作品

サバイバル 10巻 Kindle版 サバイバル 10巻 さいとうたかを

さいとうたかをの作品

サバイバル (10) (リイド文庫)はこんな本です

ツイートする