ゴルゴ13 (Volume 43) 毛沢東の遺言 (SPコミックスコンパクト)

  • リイド社
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845825813

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 4845825813 305p 2004・9・30 初版1刷

  • 1980年。ゴルゴ13。
    【ゼロの反撃】
    ソ連の軍人が武器屋と結託して丸腰のゴルゴ13を襲う罠を張るが?
    タイトルどおりゼロ状態の絶体絶命のピンチをゴルゴがどう切り抜けるかを楽しむ作品です。

    【スリーパー・エージェント】
    さいとうたかを氏の時代劇漫画にもよくでてくる「草」の外国版。1人の男が祭り上げられていく様が東西の対立を背景に描かれています。

    【甦るスタンディング・ベア】
    かつて命を救ってくれた人だからでしょう。コスプレや公開殺人といったゴルゴの流儀に恐らく反することもやってのけます。マシーンのような男とか墓石みたいな目をした男と言われるゴルゴですが恩は必ず返す義理堅さも特筆すべきところです。

    【毛沢東の遺言】
    毛沢東の下で超英才教育を受けた小東郷。35年前に消えた小東郷を探して中国弁公室の3人が世界を巡る壮大なルーツ編。
    マンディ・ワシントン再登場やマッジペンローズの遺稿(なんと出生の秘密が書かれている!)などファンには嬉しい仕様です。なんといっても驚きはゴルゴの招待と目される東郷狂介の父親がゴルゴと相対するシーンです。父親は息子と断言していましたが、さて真相は。。

全2件中 1 - 2件を表示

さいとう・たかをの作品

ツイートする