人斬り龍馬 (SPコミックス)

著者 :
  • リイド社
3.35
  • (17)
  • (27)
  • (99)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 344
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784845827435

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 未レビュー消化。刃が届いた結果、多くの人間が満足といっていたのが印象に残った作品群でした。
     そんな中、とどかぬ刃だけは他とは違い届かぬことが嬉しかったのか、それとも嘆きの涙なのか色んな感情が混ざった涙を流したさよの表情が良かった。

  • コツコツこういう真面目な作品を描くってのもいいかもなぁ!

  • 案外読むのは二度目なはずなのに覚えていなかった。人斬り竜馬も白虎隊の話しも何故かカタリベの続編的な竜落としだけは記憶に残っていた。

  • もやしもんのイメージで、ギャグメインでちょっとまじめな話もある程度の作品かな?と思っていましたが、予想に反してしっかりシリアスで読み応えがありました。
    タイトルは倒幕派っぽいですが佐幕派がメインの話も多く、佐幕派好きにはたまりません。

  • 読了

  • 登場人物の目が全員ヤバイ 四白眼
    同作者のカタリベと併せて購入、読了したが、当作においては生死を取引材料にしている

  •  『もやしもん』でおなじみの著者による、表題作「人斬り龍馬」をはじめとした幕末モノ3編を含む、全4編の短編集。

     「人斬り龍馬」は、龍馬がものすごい悪役に描かれていて、福山雅治の「龍馬伝」のイメージがあると受け付けないかも知れません。
     しかし、側聞するところ、坂本龍馬についてはいい男であるとする話と、持ってた短銃の試し打ちに子供を撃ったという話もあるとかないとか。個人的にはこういうキャラクターの龍馬もありなんじゃないかな、と思います。(これは龍馬に限らず、歴史上の人物全般について言えることですが、その人に思いを馳せる時には、心のどこか片隅にでも「実際はイメージと全然違う奴で、会ったら『思てたんと違う!』って言いたなるヤツかも?」という思いはもっとくべきだと思います)
     というか、「行殺新撰組」の竜馬を知った後なら、ぶっちゃけもう何でもOKです(笑)。

     「二本松少年隊」は、戊辰戦争の会津若松での話。描き込んだ絵で結構悲惨な戦いの様子が描写されているのですが、全体から受ける印象が妙に淡々としているというか、妙な「静けさ」を感じました。

     『もやしもん』とは作風が全然違うシリアスなタッチが印象的な短編集でした。

  • シリアスなものが多めの短編集。

    いつも通り女性キャラの顔が似てます。

    龍馬が斬られる絵がすごい良い。

  • 『もやしもん』の作者のタンペンシュー

  • 石川雅之

全34件中 1 - 10件を表示

プロフィール

石川 雅之(いしかわ まさゆき)
1974年生まれ、大阪府堺市出身。18、9歳の頃より『週刊ヤングマガジン』に投稿を始め、1997年に「日本政府直轄機動戦隊コームインV」でデビュー、初連載。1999年、「神の棲む山」(『人斬り龍馬』所収)でちばてつや賞準入選受賞。
代表作に、全11話TVアニメ化された『もやしもん』。第12回手塚治虫文化賞マンガ大賞、第32回講談社漫画賞一般部門をそれぞれ受賞。ほか、テレビアニメ化された『純潔のマリア』。

石川雅之の作品

ツイートする