大魔王のOFF 1 (torch comics)

著者 :
  • リイド社
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・マンガ (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845851287

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 魔王が登場し、メインを張る作品は世に多い。いさかか、増えすぎてきたかな、と思う時もあるっちゃある
    それでも、ここまで笑いが止まらなくなった作品は久しぶりだった
    魔王が登場する作品で、ここ最近、注目しているのは、週刊少年サンデーの看板作品になりつつある、『魔王城でおやすみ』(熊之股鍵次)であるのだが、この『大魔王のOFF』も続きが実に待ち遠しい
    リアルタイムで読んでいないから、ある意味、『魔王城でおやすみ』よりも、(2)への期待値が高いかも。ちなみに、『魔王城でおやすみ』、私は安眠コメディとしても楽しんでいるが、姫さんと魔王様のラブコメとしても楽しんでいる。他の読み手からすると、これは邪道だったりするんだろうか?
    リイド社っつーと、『ゴルゴ13』のイメージだったけど、こんな面白い作品も揃えているのだな。侮れんなぁ・・・そう言えば、RENA先生の『本橋兄弟』もリイド社刊だっけ
    内容は、タイトル通り。『魔王城でおやすみ』に近いっちゃ近いかもしれない。なので、ハマった理由はそこか、と今更ながら思い至った
    史上最強の魔王でも、勇者とのバトルばかりの日常の裏では美容を気にし、部下との交流を大事にし、親のお節介に悩まされる、どこにでもいる女性なんだなぁ、と感じた、しみじみに
    ありきたりっちゃありきたりだが、あえて、誰も描いてこなかった(描けなかった?)話に挑んだ水野先生、さすがだ
    ふわっとしたストーリーにあった、ゆるっとした絵柄にも好感が持てる。それでいて、おっぱいやお尻と言った箇所には手抜きがなく、唸らざるを得ない
    コメディタッチなのだが、どこか、真面目な部分もある。私は、咲も描いた通り、ごく普通に可笑しく笑えたが、もしかすると、組織で上に立つ人が読むと、大魔王様の気苦労に共感するのかもしれないなぁ
    ただ、下の者としちゃ、ラスボスだって、肩から力を抜きたい時があるんだろうけど、きちっとするべき時はきちっとしてよ、と思う。TPOは大事だ
    どの回も、大魔王さまの醜態や可愛さに頬が緩む。その中でも、個人的に推しなのは、3話目後日談。誰にも近づけない、その苦しみを負っていた鈍鉄騎士(仮名)だけど、無敵の防御力を誇る大魔王さまだけは、彼のスパイクなど苦もしない。自分が抱き締めても傷つけない相手がいてくれる、そんな幸福に浸る彼の表情に、ほっこりした。ちなみに、残りの幹部を、私は獣王、魔帝、女装男子、異次元からの侵略者と呼んでいる
    この台詞を引用に選んだのは、大魔王様も言っているが、ドライっぷりに唖然としてしまったので。しかし、一理ある。名前が変わろうが、本質は揺るがない。むしろ、揺らぐようじゃ問題だ。外見で騙されず、内容で良し悪しを判断できる人間になろう

全1件中 1 - 1件を表示

大魔王のOFF 1 (torch comics)のその他の作品

水野まどかの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする