神田ごくら町職人ばなし 一 (トーチコミックス)

著者 :
  • リイド社
4.45
  • (40)
  • (23)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 568
感想 : 25
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845861637

作品紹介・あらすじ

刀鍛冶、桶職人、紺屋、畳刺し、左官……気鋭の作家が圧倒的筆致で描く職人たちの技と意地。名実とも歴史に残る傑作が単行本化!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ブクログの新刊ニュースで見て気になり購入。

    神田ごくら町の職人を描いた物語。

    其の一、桶職人
    其の二、刀鍛冶
    其の三、紺屋(藍染職人)
    其の四、畳刺し
    其の五、左官 一
    其の六、左官 二
    其の七、左官 三
    を収録。

    物語は面白い(個人的には其の二が良かった)のだが、主人公の職人達が女性(其の四を除く)というのが引っ掛かる。
    女性が桶職人、刀鍛冶、左官というのは、なんか無理があるような気がする(いたかも知れないが)。
    見た目も女というよりも少女っぽいし。
    女性の職人(と言えるかどうかは分からないが)ならば仕立屋、機織り、髪結等が良かったでは?

    作者は何故、主人公を女性にしたのだろう?
    まさか、「鍋に弾丸を受けながら」の作者みたいに二次元の過剰摂取で主人公を女性化(笑)したという訳でもないだろうけど。
    意外性、読者受けを狙って描いたのか?
    あとがきのページを授け、作者の意図が書かれていれば納得がいくのだけど。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      darkavengersさん
      > 豆腐を出汁醤油に漬けるだけ
      猫は、豆腐はほんの少しの薬味のみで食します(ズボラなだけ)

      > 是非...
      darkavengersさん
      > 豆腐を出汁醤油に漬けるだけ
      猫は、豆腐はほんの少しの薬味のみで食します(ズボラなだけ)

      > 是非、「まめで四角でやわらかで」も購入を!
      読むとしたら、此方が先かなぁ、、、


      2023/09/20
    • darkavengersさん
      猫丸(nyancomaru)さん

      ちゃんと薬味を添えるのだからズボラじゃないですよ。
      だって、薬味は切らなきゃいけないじゃないですか...
      猫丸(nyancomaru)さん

      ちゃんと薬味を添えるのだからズボラじゃないですよ。
      だって、薬味は切らなきゃいけないじゃないですか。
      2023/09/20
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      darkavengersさん
      にゃーー
      darkavengersさん
      にゃーー
      2023/09/21
  • トーチweb 神田ごくら町職人ばなし 【単行本8/31発売&特典情報】
    https://to-ti.in/story/gokuracho100

    トーチweb 神田ごくら町職人ばなし
    https://to-ti.in/product/gokuracho

    株式会社リイド社 » 神田ごくら町職人ばなし (一)
    https://www.leed.co.jp/9784845861637

  • 購入。

    もう実店舗回ってもなくて、ネットの再入荷で購入。
    (ないってわかると、なんだか欲しくなる(笑))

    江戸時代スキには堪らず。
    楽しく読了。

  • 江戸時代の風俗習慣に興味がある者にとってはたまらない一冊。何と無く北斎の富嶽三十六景を思い起こす表紙につられて購入しましたが、良いものに出会えました。
    淡々と進む短編も良かったけど、人の繋がりが描かれている中編は殊更好き。

  • 8/31➡9/2

  • 「2024このマンガがすごい第3位」に選ばれた漫画なのですが、江戸時代の職人を生き生きと描写しています。武士にスポットを当てる本はいくらでもありますが、江戸時代の職人、しかも事件とかではなく職人の仕事そのものを描いている作品は珍しいのではないでしょうか。絵も綺麗で匠の技がよく伝わってきます。畳職人、桶屋職人、左官職人などの仕事への拘りがかっこいいです。

  • 仕事帰りに近くの本屋にで試し読みがあったので、桶職人の段を読む。売り切れで再版中とあった。後日、入手。
    先の桶職人の話から始まり、刀鍛冶、紺屋、畳刺し、最後の左官の話は長め。じっくり読ませられた
    女職人が主人公の話が多い。セリフが少なく、手仕事をじっくり見せる画がいい。

    漫画家さんのことは知らない。ちょっと絵が粗いかなと思う。コマ割りや構図は上手いなと思う。このあと凄く上手くなるんじゃないかな。
    なによりストーリーの立て方は、ある意味常道かなと思うけど、語り方が上手いと思う

  • 手塚治虫文化賞新生賞おめでとうごさいます!

  • 丁寧な職人仕事

  • 味があって面白かった。どのストーリーも良かったけど、藍染職人の「紺屋」と「畳刺し」が特に好きです。あの、新しい畳に寝転ぶの、贅沢だよね。

全25件中 1 - 10件を表示

坂上暁仁の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×