宮崎駿全書

著者 :
  • フィルムアート社
3.92
  • (4)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (342ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845906871

作品紹介・あらすじ

本書は、長年にわたって宮崎駿監督をはじめ制作スタッフ・関係者に丹念に取材してきた資料を集大成したもので、宮崎作品を14項目の視点から多角的に解析している。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 請求番号:778.77/Miy

  • 10月30日読了。宮崎作品自体の分析のみならず、各作品の製作に関わったスタッフ、現場の状況、公開当時の世相や主だった批評など非常に多面的に論じており、とても面白い。「全書」とうたうだけはある。公開当時のマスコミ関係の批評というものはいかに上っ面しか見ていないか、がわかるというものだ。スタジオジブリの宮崎駿監督作品は陰に多くの優秀な美術スタッフ、アニメーターがあるからこそ、観るものを圧倒するクオリティを持っているのだなあと納得。宮崎駿自身は確かに超人なのだろうけど、まさに一将功なりて万骨枯る、か。

  • 分類=アニメーション・宮崎駿・スタジオジブリ。06年3月。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

映像研究家。早稲田大学・亜細亜大学・東京工学院講師。高畑勲・宮崎駿作品研究所代表。著書に『日本のアニメーションを築いた人々』(若草書房)、『宮崎駿全書』(フィルムアート社)、共著に『王と鳥 スタジオジブリの原点』(大月書店)など。

「2014年 『『アナと雪の女王』の光と影』 で使われていた紹介文から引用しています。」

叶精二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
三島 由紀夫
トマ・ピケティ
レイチェル・L....
村上 春樹
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする