ビジネススクールで学ぶ 101のアイデア

  • フィルムアート社
3.26
  • (4)
  • (6)
  • (19)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 179
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845911646

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • MBAで新境地を開く。

  • 知識の整理に最適

    個人的には以下のアイデアに気づきをもらった。

    02 ビジネス
    15 企業理念
    51 72のルール
    65 専門家
    70 ジェネラリスト
    79 マイクロマネージメント
    82 ファシリテーション
    83 リスクホメオスタシス
    88 中小企業
    90 アンカー

  • 商品開発の要諦を10行程度の記述で綴った書。全部で101の項目があるが、一部MBA的記述もあり、その部分は知識として吸収すればよい。A5本で分量が少ないので、あっという間に読み終えることができる。

  • やたら長細いシンプルで分かりやすいビジネス法則書。意外と情報量はあります。

  • 直感的に理解できる内容だけど、身に着くまで何回か読み返したい

  • 本当にエッセンスだけだと思うけど、
    アメリカのビジネススクールの内容が垣間見える。気にしなくてはいけないポイントだけでもよく分かった。

  • 私の分野とはまるで異なる分野であったが、非常に読みやすいと感じた。
    内容の重要性は理解できなかったが、興味を持つ点、ビジネスの考え方を学び始めるきっかけのはいいのではないか。

  • ビジネススクールで学ぶ、マネジメント、ファイナンス、アカウンティング、アントレプレナーシップ等について、見開き1ページで簡単に書かれています。文章もわかりやすく、イラストも満載、絵本のようにペラペラとめくり必要なところだけ熟読するのがオススメです。自分の会社のことを思い浮かべながら読むと格段に面白くなります。

  • 毎日たくさんの情報が通り過ぎていく中で、自分のアンテナに引っ掛かるものは本当に少ない。
    ただ、無意識だとしてもアンテナには触れている訳で、それは誰かの言葉だったり、風景だったり、何かが触媒になって急に通電する。

    この本によって言語化された101のアイデアは、それがそのままビジネスの現場で使えるとは思わない。
    だけど、アンテナを吹き抜けた風のように、確かに経験としては刻まれていて、ある時急に映像として具現化される。
    簡潔で読みやすいので、モニターから目を離してコーヒーを飲みながらパラパラっとめくって1つ、寝る前に1つ・・・というような使い方。

    そう、この本は読むのではなく使うものなんだと思う。

  • ビジネスパーソンが関心を持ちそうなアイデアが簡潔な文章で101個詰まった本。他の方のレビューにある「単語帳」とは言い得て妙。
    ビジネススクールで学ぶ内容ということだから、アイデアというより、アイテムと言うべきか。とはいえアイデアの種、考えのきっかけにはなるでしょう。
    経営に関わる知識とかtipsとかアイデアを知りたいけど時間が無いという場合に手っ取り早く要点をさらうにはよいかと思います。

    もっとも、この一冊でビジネスについて万事OKというわけにはいかないのですが。

全14件中 1 - 10件を表示

マシュー・フレデリックの作品

ビジネススクールで学ぶ 101のアイデアを本棚に登録しているひと

ツイートする