ファッションは語りはじめた 現代日本のファッション批評

  • フィルムアート社
3.50
  • (2)
  • (6)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 152
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845911691

作品紹介・あらすじ

現在進行形の日本のファッションをめぐるさまざまなことばを結集し、変わりはじめている日本のファッションの輪郭を引き直す、クリエーションとクリティークの最前線。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読了

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784845911691

  • 装苑の元編集長がまとめた1冊ということもあり、バラエティに富んだファッション批評を読むことができる。

    神田恵介VSファッション以外の分野の人々や、渋谷の街を定点観察したファッション考察、ファッションを哲学的に思考した批評etc...「拡張するファッション」著者の寄稿も!


    【神戸市外国語大学 図書館蔵書検索システム(所蔵詳細)へ】
    https://www.lib.city.kobe.jp/opac/opacs/find_detailbook?kobeid=CT%3A7200096114&mode=one_line&pvolid=PV%3A7200206670&type=CtlgBook

  • レポートでファッションについて書こうとしたとき、府大にファッション関係の本が少なかったのでこの本を選書しました。この本ではundercoverといった日本を代表するブランドからANREALAGEといった次世代を担うブランドについての評論がまとめられています。特にANREALAGEの服の形をテーマにしたコレクションを身体論的に読み解いていく章は読みごたえがあります。現代日本文化を読み解くのに役立つのではないかと思います。普段何気なく着ている服について考えを巡らす助けになると思います。

    生命環境科学域 2年生

  • まんなからへんの対談がいい雰囲気。ファッションへの動機が語られるのが興味ぶかい。若き日本人デザイナーはモテるために服をつくるが、海外の男性デザイナーは9割はゲイだという指摘。
    イブ・サンローランも最近ではトム・フォードもそうですね。

  • 2012年創刊を迎えたファッション批評誌『fashionista』の前身的存在。総論やクロストーク、新しく批評が生まれる際のカオティックな空気に触れたい方々には後にも先にもこちらを推したいと思う。「着飾るだけでは飽きたらない」新時代のクリエイター達の言葉からのアプローチ。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1978年、京都生まれ。京都大学大学院博士課程研究指導認定退学。国立国際美術館、京都服飾文化研究財団などを経て京都精華大学ポピュラーカルチャー学部准教授。共著に『現代芸術の交通論』(丸善出版、2005年)、『ファッションは語りはじめた』(フィルムアート社、2011年)『A REAL UN REAL AGE』(パルコ出版、2012年)、監訳に『ファッションと哲学』(フィルムアート社、2018年)など。本と服の店「コトバトフク」の運営メンバーも務める。

「2019年 『vanitas』 で使われていた紹介文から引用しています。」

蘆田裕史の作品

ファッションは語りはじめた 現代日本のファッション批評を本棚に登録しているひと

ツイートする