「インクルーシブデザイン」という発想 排除しないプロセスのデザイン

制作 : 平井康之  ホートン・秋穂 
  • フィルムアート社
4.14
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 89
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845913022

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • includeしていく、という言葉と発想が良いとすーっと思った。もう20年くらい前から続く概念だそうで、露知らず。著者の視点と、日本人である自分との視点の違いが結構あり、その点も新鮮で勉強になる(疑問点もま、あるが・・・ほんまかいな、というところはある)。
     訳も読みやすいのも良い。

  • 大崎Lib

  •  イギリス人の著者が1971年に初来日したとき、日本は意味を持たない記号が存在する国だった。「部外者」だった彼女は、ニコンを片手に状況を写真に焼き付け、それが意味するところを綿密に調べ上げ、そこに隠された意味や秩序を見出すことで、「日本という惑星」で生きるすべを見出していったという。
     そんな著者が実践・推進するインクルーシブデザインとは、これまでの製品やサービスの対象から無自覚に排除されてきた個人、日本では特に障がい者や高齢者に積極的に参加(発言)してもらうことで、使いやすく魅力的なデザインを実現する方法論だ。我々は健常者であっても、事故に遭って骨折することもあれば、妊娠して身体が不自由になることもあり、何より誰でも年を取る。これはつまり、「誰にでも障がいはやってくる」ということだ。「それゆえインクルーシブデザインはメインストリームの市場を対象としており、小規模でニッチな市場を対象としているものではない」。
     どうデザインするかは、どう生きるかと同義であることを豊富な具体例で示し、イノベーションの本質を人間の豊かな可能性の中に見る、モノづくりデザインの思想書。

  • デザイン・ドリブンである前提条件として、ステークホルダーと最初から向き合うことが必要です。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784845913022

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

ジュリア・カセム:英国ロイヤルカレッジ・オブ・アート客員上席研究員

ジュリア・カセムの作品

「インクルーシブデザイン」という発想 排除しないプロセスのデザインを本棚に登録しているひと

ツイートする