「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方

制作 : 島内 哲朗 
  • フィルムアート社
4.09
  • (5)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :141
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (440ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845915828

作品紹介・あらすじ

プロットじゃない、
構成じゃない、
キャラクター造型でもない。
一番大事なのは「感情」なんだ!

心の動きを誘導し、最後までのめりこませる物語を書く。UCLAの人気課外授業、待望の邦訳!



あなたが映画の「魔法」を信じたいなら、この本を読まないことをお勧めする。上級テクニックを紹介することによって、銀幕の魔法を解体してしまう。手品を見て感激したあとで種明かしをされるようなものだ。
ーーーー本文抜粋より


本書の原題は、Writing for Emotional Impact、つまり「感情的なインパクトを起こすための書き方」です。私たちが、映画や小説の世界にのめりこんで時も忘れて楽しめるとき、上記の本文にある通り、「魔法」にかかっています。その正体とは、物語の始めから終わりまで、心を揺さぶる「感情的インパクト」のこと。人は感情を動かされる「感情的体験」のために、映画のチケットを買い、数時間を費やすのです。

本書は、読者や観客の感情を掻き立て、心をつかんで離さないためのあらゆる設計を、あますところなく伝授します。脚本の基礎もテクニックも駆使したうえで、では、なぜ自分のホンが採用されないのか、作品化されないのか。それは「魔法」がとけてしまう瞬間がどこかにあるからです。一瞬たりとも、一行たりとも気は抜けないのです。

そこで、本書は、名作の脚本を徹底的に解体し、語り方を分析します。キャラクター造形や構成など大枠はもちろん、場面(シーン)でのやり取り、一つ一つの台詞、単語ひとつに至るまで、細かく具体的な技巧を指南します。優に100を超える技術によって、二度と同じ目線で同じ作品・脚本を観られなくなるはずです。

脚本の基礎は、他の本で学んでください。
さらに、もう一歩抜け出したいときに、本書と、同じ著者の「脚本を書くための101の習慣」は、必ず役に立ちます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分で作品を書いていて、「物語の組み方に疑問はないのだけれど、なんだか書いてみると何かが足りない」と思っていた。

    考えた末、至った結論は「感情がついていっていない」。

    そこで知人が読んで、良かったと言っていたこの本を読んでみた。メモを取りながら、7時間ほどで読了。

    なるほど、「感情」を動かす作品のノウハウがわかりやすく説明されている。
    しかし、あくまでも「ノウハウ」で、使う側の力量が試されると思う。

    実際に自分で自分の作品に組み込もうと思っても、「こっちはこうだし、あっちはこうで……」と、頭の中がぐちゃぐちゃ……。慣れるまで時間がかかりそう。

    他のハウツー本と組み合わせて使うのが吉っぽい。

  • 子供の頃から疑問に思っていることの一つに、「なんで洋画ってこんなにおもしろいの? なのに、なんで邦画は必ず途中で退屈しちゃうの?」ってことがありました。日本映画の関係者には本当に申し訳ないし、応援したい気持ちはいっぱいあって、邦画も割と公平に、いや、むしろ、かなりひいき目を動員して見ていますが、やっぱりこの疑問は消えません。
    昨今は、TVドラマまでが海外のものはそれはもうビックリするくらい面白く、とにかくその秘密が知りたくて知りたくて。
    「かけているお金のケタが違う」とはよく言われていることですが、絶対それだけじゃないはず!もっと脚本執筆上のメソッド、演出のテクニック、映画製作の構造の中に、何か決定的な理由があるはずだ!とずっと思っていました。
    てことで、そういう「秘密」が知りたくて、よく脚本の書き方の本を読みます。
    で、その脚本術の本の中でも、これは断トツでおもしろかったです。
    たぶん、私の積年の「疑問」の答えらしきものが書かれていたのではないでしょうか。この手の本でそんな風に思えたのは初めてかもしれません。
    いろいろと考えさせられましたが、特に「台詞は一番重要でない」という章にはビックリ。
    ヒッチコックもディズニーも、いろいろと構成を考え抜いた後、最後の最後に台詞を考えていたらしいです。素人が聞くと意外に感じますが、その背景の考え方を読んでみて、すごく納得しました。
    「羊たちの沈黙」の1シーンについて解説する章はハウツーものの枠を超えて芸術的とすら思いました。読んでいてぞくぞくしました。「プロの目」のすごさを感じました。

    映画が好きで、何がこんなにおもしろくしているんだろう?って思う人にはぜひおすすめしたい本ですが、少なくとも「シックス・センス」と「セブン」は先に見てから読むことをお勧めします。この2つについては、壮大なネタばれがあるので要注意です。

  •  タイトルの通り、映画で用いられる脚本において、観客の感情をどのように揺さぶるのか、ということを主題に置いた本。
     映画好きな方は、裏側が見えすぎてしまうかもしれないので、あまりオススメ出来ない。
     ただ、もともと構成マニアな私としては、映画とはこういうことをコントロールしていたのか、と膝を打ちたくなるところが多々ある。
     読んだあと、映画を見るときの観点が変わった。
     作為は透けてしまうけれど、でもやはり面白い作品は面白いのでだいじょうぶ。

     むしろ、脚本って言うか日常のプレゼンで使える技がやまのようにあるんですが……ってなる。これも定期的に読み返したい。実は夏には読み終えていたのだけれども、この本の素晴らしさをどうやって表現したらいいんだ!で年末になったという。
     分厚いけど面白いのでオススメしたいが、どこがどう面白いのかは説明出来ないので公式の案内文を読んで惹かれるならばぜひ、である。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784845915828

全5件中 1 - 5件を表示

「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方のその他の作品

「感情」から書く脚本術 Kindle版 「感情」から書く脚本術 カール・イグレシアス

カール・イグレシアスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
ベン・ホロウィッ...
ピエール ルメー...
J・モーティマー...
恩田 陸
アンジェラ・アッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方を本棚に登録しているひと

ツイートする