アリス博士の人体メディカルツアー―早死にしないための解剖学入門

制作 : 田沢恭子 
  • フィルムアート社
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845915903

作品紹介・あらすじ

体のことをもっとよく知れば、もっとシンプルな方法で健康になれる
BBCの人気サイエンス・ナビゲーターが切り開く“臓器の教養”



本書は、数々のテレビ番組などで活躍する美人医師・解剖学者であるアリス博士が、器官ごとに“早死にしない”身体の作り方を教える一冊となっています。

各章はそれぞれ各器官に割り当てられており、そのものの機能と、起こりがちなトラブルのいくつかに目を向けていきます。特に、生活習慣や食事の改善によって改善するような病気に焦点を当てています。
章末では、公式のガイドラインや最新の研究にもとづいて、その章で扱った器官に関連する生活習慣や、食生活への重要なアドバイスをいくつか挙げていきます。

体をなるべく健康に保つ方法について、余分なお金を使うことなく、現実的で実行可能なアプローチを提案する本書は、自分の体の働く仕組みを理解し、ケアする方法を知る助けとなるはずです。

豊富な事例と科学的根拠。
あたらしいカラダの教科書です。
一家に一冊おススメします!
――石川善樹(予防医学研究者・医学博士)


人生というトラックを走るのは一回限りですが、皆さんが本書の内容をきちんと理解すれば、途中で倒れることはずっと少なくなるでしょう。
――フィル・ハモンド博士〈「はしがき」より〉

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とても読みやすく学ぶきっかけとするにはちょうど良い。知識のある人には読み足りないかもしれない。でも、読みの物として手軽に読めるので楽しめた。

  • 面白かった、子供のころに読んでおくとその後の健康にほんのちょっとは貢献するかもしれない本。

    肺、心臓、胃腸、肝臓、膵臓、腎臓と膀胱、生殖器、脳、目、皮膚、全身。の項目に別れて簡単な説明と良くある病気、その予防法に関して。
    基本的に野菜を取って運動して太りすぎるな、タバコを止めろで大半はクリアできる。らしい。

    大半のサプリメントは意味がないとか、アレルギーに関して結構ページを割いてくれていたりかなり身近な話が多いので興味もって読める。

    人間の身体は結局酸素によって生かされて酸素によって殺される。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1973年英国生まれ、医師。1999年からブリストル大学で解剖学の講師を務める。2012年よりバーミンガム大学教授。古生物病理学での博士号を持つ。解剖学から見た進化を研究対象とし、人類の体がどうやって今のようになったかの研究を行っている。大学外での一般に向けた科学啓蒙にも深くかかわり、学校や地域での講演や、科学フェスティバルへの協力を数多く行ってきた。テレビの科学番組にも多く出演し、英国チャンネル4の「Time Team」に骨の専門家として登場したほか、BBC2の人気シリーズ「Coast」にも出演。編著に『人類の進化大図鑑』(河出書房新社)、著書に『人類20万年 遙かなる旅路』(文芸春秋)がある。

アリス・ロバーツの作品

ツイートする