クリストファー・ノーランの嘘 思想で読む映画論

制作 : 井原慶一郎 
  • フィルムアート社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :27
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (520ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845916221

作品紹介・あらすじ

クリストファー・ノーラン作品、日本で初めての本格的分析本!

メメント、ダークナイト、インセプション、インターステラーまで、ノーラン映画の特徴である「嘘と真実」を軸に、全長編作品を徹底考察!!



これからのハリウッド映画を牽引する映画監督、クリストファー・ノーラン。彼の映画で外せないテーマである「フィクション」や「嘘と真実」を通して、全作品を読み解いていく。各作品において「嘘」がどのように中心的な役割を果たし、観客である私たちは、何に翻弄され欺かれ、ノーラン特有の巨大な「嘘」に巻き込まれていくのか。

そのようなノーラン映画の構造に着目し、虚構(嘘、仮想、夢、偽装など)を作り込むためにどのような仕掛けを施しているか、その映像と物語の展開の巧みさを、哲学や精神分析理論からも考察。ノーラン映画ファンはもちろん、哲学や精神分析学に関心のある方まで、読み応えのある1冊です。

気鋭の映画・メディア研究者、中路武士氏による詳細なノーラン作品解題も収録!

☆最新作『ダンケルク』が、今年9月より国内ロードショー!!
http://wwws.warnerbros.co.jp/dunkirk/


■クリストファー・ノーラン (Christopher Nolan)
イギリス生まれの映画監督、脚本家、プロデューサー。子どもの頃から8ミリでの撮影を始め、その後ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンで英文学を専攻するかたわら、16ミリで映画製作を行う。初長編作品「フォロウィング」(98)がトロント、ロッテルダム、香港などの映画祭で高い評価を受け、続く「メメント」でインディペンデント・スピリッツ・アワードの監督賞と脚本賞を獲得。
「バットマン」新シリーズの第1弾「バットマン・ビギンズ」の監督に抜てきされ、続編の「ダークナイト」も大ヒットした。その後も「プレステージ」「インセプション」「バットマン」シリーズ第3弾と話題作が続く。2014年には、最新の物理学の研究成果を下敷きにSF超大作「インタステラー」を完成させ、本作は全世界で6億ドル以上の興行収入を記録した。

〈主なフィルモグラフィ〉
フォロウィング(1998)、メメント(2000)、インソムニア(2002)、バットマン ビギンズ(2005)、プレステージ(2006)、ダークナイト(2008)、インセプション(2010)、ダークナイト ライジング(2012)、インターステラー(2014)、ダンケルク(2017)




「映画研究や精神分析理論、とくにラカンとヘーゲルの研究者にとって、とても重要なテキストとなる」

「気取らず素晴らしく鋭い批評。ノーランの完全な読解と言ってもいい」
──米国内 書評より

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784845916221

全1件中 1 - 1件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マイケル・ライア...
村田 沙耶香
エーリッヒ・フロ...
安部 公房
ヴィクトール・E...
デール カーネギ...
國分 功一郎
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

クリストファー・ノーランの嘘 思想で読む映画論はこんな本です

ツイートする