ダイアローグ 小説・演劇・映画・テレビドラマで効果的な会話を生みだす方法

制作 : 越前敏弥 
  • フィルムアート社
4.00
  • (3)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 77
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845916290

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 武蔵野大学図書館OPACへ⇒ https://opac.musashino-u.ac.jp/detail?bbid=1000140375

  • ダイアローグの主原則
    ①ダイアローグがかわされるたびに、シーンを進展させる行動(アクション)や反応(リアクション)が生まれること

    ②そうした行動は語りの表層で具現するが、登場人物の行動の水脈はサブテクスト(言外の意味)から目に見えぬ形で流れている

    潜在的欲求

    欲求の対象

    究極課題

    シーンの課題

    動機

    シーンの支配者

    敵対する力

    シーンの価値設定

    サブテクスト

    ビート

    進展

    駆け引き

    転換点

    真の姿

    真の進展

    テクスト

    明瞭化

    性格描写

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1941年生まれ。世界で最も名高く、信頼されているシナリオ講師。全米のみならず、世界各地でセミナーを開催している。これまで30年以上にわたって、数々の脚本家、小説家、劇作家、詩人、ドキュメンタリー作家、プロデューサー、演出家などを育成してきた。マッキーの指導を受けたなかからは、アカデミー賞受賞者が60人以上、アカデミー賞候補が200人以上、エミー賞受賞者が200人以上、エミー賞候補が1,000人以上、全米脚本家組合賞受賞者が100人以上、全米監督組合賞受賞者が50人以上生まれている。

「2018年 『ストーリー ロバート・マッキーが教える物語の基本と原則』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ダイアローグ 小説・演劇・映画・テレビドラマで効果的な会話を生みだす方法のその他の作品

ダイアローグ Kindle版 ダイアローグ ロバート・マッキー

ロバート・マッキーの作品

ダイアローグ 小説・演劇・映画・テレビドラマで効果的な会話を生みだす方法を本棚に登録しているひと

ツイートする