十八番の噺ー落語家が愛でる噺の話

  • フィルムアート社
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845917020

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 噺家の考える十八番(おはこ)に対する思いが話の端々からわかる。高座を聴きに行きたくなる。
    ある意味、テクストをどうみているのか、が分析されている。それがわかるからおもしろい。

  • 2018年1月9日(水)

  • 落語ファンによる落語ファンのための本。

    装丁が落語ファン以外を見事に拒絶している。

    清々しさすら感じます。

    各噺家に「十八番」を聞いていくのですが、皆一様に「十八番なんてのは、自分で言うもんじゃない」と言いながら噺について語る。

    今をときめく落語家たちが噺を育て、格闘する様子はファンとして嬉しい。

    後半は若手落語家たちが、十八番を語る。私はおっさんなので、若者は素直に応援したい。がんばれ。

    惜しむらくは、ラインナップ。

    立川志の輔が入ってないのはおかしいだろう。

    談春・志らくも入ってない。談笑の話だって面白い。

    いや、立川生志も好きですよ。でも順番が違うだろう。

    あとは、円楽党も入ってない。

    円楽か兼好は入れるべき。まんきつでも楽しい。

    企画があまりに楽しかったので、第二弾に期待してます、ってことかな。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

落語家。1959年、静岡県静岡市(旧清水市)出身。東海大学史学科日本史課程中退後、春風亭柳昇に弟子入り。92年、真打ち昇進。2000年、文化庁芸術祭大賞受賞。日本テレビの長寿番組『笑点』大喜利6代目司会者他、舞台、映画、TV、ラジオなど幅広く活躍。2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の今川義元役。社団法人落語芸術協会理事。芸能界きっての城好き、缶詰好きとして知られる。

春風亭昇太の作品

ツイートする