眼がスクリーンになるとき ゼロから読むドゥルーズ『シネマ』

著者 :
  • フィルムアート社
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845917044

作品紹介・あらすじ

ついに、『シネマ』がわかる!
思想界に颯爽と現れた26歳の新鋭、衝撃のデビュー作!
「たんに見る」ことの難しさと創造性をめぐって書かれた画期的なドゥルーズ『シネマ』入門。
本書は、「見る」ことと「読む」ことの復権を同時に実現する。
20世紀最大の哲学者、ジル・ドゥルーズが著した芸術と哲学をめぐる二巻本『シネマ』。

本書は、『シネマ』にとって、映画は哲学の「フッテージ(footage)」、つまり「思考の素材=足場」であると捉えなおすことから議論を開始する。
その映画というフッテージに、もうひとりの重要な哲学者となるアンリ・ベルクソンの哲学が流しこまれる。そのとき映画はイメージ=映像による〈思考〉の実践として立ち現れてくるのだ。

『シネマ』と映画の関係、ドゥルーズとベルクソンの関係というふたつの問いは、哲学にとって「見る」ことと「読む」ことがいかにして概念の創造へと導かれるかということを指し示している。

映画という特殊な経験のシステムから立ちあがる、イメージがそれ以上でもそれ以下でもなく見たままで現れる地平、「眼がスクリーンになるとき」とはどのようなことか。
そのとき観客である私たちはどんな存在へと生成するのか。

また、「私は素朴な観客です」というドゥルーズの言葉どおり、「見たまま」を肯定する態度は、ドゥルーズの哲学の創造性とどのようなつながりがあるのだろうか。

映画から哲学へ、哲学から映画へ、まっすぐに『シネマ』の核心へとスリリングに論じぬく、新鋭のデビュー作 !

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (01)
    本書も,映画の本でもなく,映画史の研究でもない.何の本なのか,といえば,著者が冒頭でいうように,ドゥルーズ「シネマ」(*02)の解説書ではあるが,おそらく「シネマ」の詳細な解説が読めてよかったという読書体験にはならないはずである.
    終盤のモチーフとなる仮構や偽といった話題へと接続しつつ,偽造や模倣,そして新しさや芸術,哲学といった問題が,ドゥルーズ「シネマ1」及び「シネマ2」から注意的に,注目的に引かれ,取り扱われる.これらの問題系は本書のさまざまな読み方の方途のひとつを示しているように感じる.
    本書の真面目な通読を試みた読者はこんな疑問を残すかもしれない.「で?」「だから?」「著者のオリジナルは?,言いたいことはどこに?」
    このような疑問符は通俗的なものだろうか?
    解説書を自称する本書の額面に騙されてはいけない.本書には何事かの「新しい」身振りがあり,素朴な眼には,おそらくその新しさは見失われず,見逃されずに現れる(目が洗われる?).
    ドゥルーズの「シネマ」や,そのドゥルーズの批評の対象となったベルクソンの「物質と記憶」並びに「創造的進化」を図式的に分かりやすく解説したというにとどまらず,創造的で芸術的な解説に著者は挑んでいる.クリエイティブな解説の理論を組み立てつつ.
    「はじめに」で宣告されているように,「二重の適用に代えて二重の引き継ぎをおこなう書物として「シネマ」を読む」書物が本書であるが,そこには三重の引き継ぎや差し向けがあることを読者は了解しておく必要がある.ただ見ること,ただ読むこと,ただ見て読んで書きつけ記録し解説すること,その創造的な困難を本書は引き受けている.

    (02)
    本書を読むとき,「シネマ」を読んでみたくなり,映画を見てみたくなる,できれば,素朴に読み,ただ見るというやり方で.
    「シネマ」や数々の映画は,未読や未見のひとびとにも開かれているし,私のように何も読んでいない何も見ていない読者にも,本書はあけっぴろげに開かれている.
    リュミエール,グリフィス,エイゼンシュテイン,ヒッチコック,ブレッソン,フェリーニ,レネ,ゴダールといった映画史を彩る映像作家たちの名が出てこないではない.アリストテレス,ライプニッツ,スピノザ,パスカル,カント,ヒューム,フーコー,メイヤスーといった哲学史に連ねられるだろう面々を本書のうちに眼にしないではない.
    運動イメージのうちで,情動イメージの領分とされるクロースアップの解説では,カサヴェテスのあの顔たちを想起してしまう読者も多いだろう.
    多かれ少なかれ,大きな開かれ方をした図式は,私たち読者がそれぞれに固有として持っている哲学体験や映画体験を私たちに想起させ,読者を図式へと巻き込んでしまっている.
    本書の特徴は,ベルクソンからドゥルーズへと連なる機軸は保ちつつも,図式的(*03)な方法を推し進めていく先に映し出されたイメージを,こうした巻き込みもありうべきものとして書き取ろうとした点にあると感じる.

    (03)
    面白く,すこし可笑しく,しかし素朴な読みへと読者を巻き込むのは,「整理する」「整理してみよう」「大枠を提示」「位置づけを確認」「表にしてまとめ」といった親切なガイドにも現れているように思う.それらのいわば運動イメージ的な融通を示すガイドが,図式への手がかりが与えている.
    それは,コンセプチュアルな描法(*04)と言ってもいいかもしれない.本書は著者自身の修士論文をコアとしており,論文おける作法や論法に見られる概念や図式による整理が,本書にも現われている.
    各章の冒頭には,前章をどのように引き受けているか示されているし,章末には次章への展望が見通されている.章節の終わりに対比表(生成表?)が用意されることもあるし,文中で要点が図式的に記述されていることもある.読者は,おそらく本書に読み入ることで困難を強いられ,迷い,誤ることもあると思うが,こうした要所要所の図式的な手がかりに戻り,手がかりから先読みし,困難と向かい合うことも,立体パズルのような本書を読む愉しみとなるのではないだろうか.
    図式的すぎるのではないか,これらの図式は恣意的なものではないだろうかといった批判もあるに違いない.適用主義と,読みに対する図式適用の暗示や誘導は矛盾していないのだろうか,という不安もあるかもしれない.
    本書が目指す時点や地点は(それは地平や時間でもあるのだろうか?),「眼がスクリーンになるとき」である.これが可能になる情況には,図式的すぎることでしかたどり着けないのかもしれない.演繹,仮構作用,概念の創造との連関も確認される「図式」を,いくばくかの可能性としての「整理」を,著者が読者の目の前で生成する現場としても本書は位置づけられている.そこには目撃や衝撃が確かにあると感じる.

    (04)
    オプティカルまたは光学的に,カメラではなくてスクリーンとしての眼が問題とされている.しかし工学的にはどのような問題が本書から演繹されるのだろうか.
    例えば,終盤に運動イメージにおける有機的描写に対し時間イメージにおける結晶的描写が配置される.この文学や映像における描写(descripution)と,工学的な(例えば建築のような)スケッチ,ドローイング,エスキース,パース,遠近法,製図とをどのように対比して述べることができるのか,またはできないのか.ダイアグラムや地層といった用語が工学のなかへ,フィギュールとして,またはリテラルに持ち込まれた場合,どのようなイメージとして現われるのか,何が仮構されるのかという設問や仮説は考えられてよいだろう.
    フッテージという用語は著者が本書に加味した新味であるかとも思う.足場という含意をもたされたフッテージという言葉を,建築やいま造られつつある構造物にそのまま,「文字どおり」に運び入れ,受け入れたとき,構造から発生へ,イメージから間隙へ,識別不可能性の境位ともいえるような「足場論」または仮構についての考察が組み上がるのではないだろうか.
    一方で,本書は,視覚的なもの,光学的な見えだけでなく,音声についても十分に検討している.歴史学や文学,民俗学への応用もまた愉しみな作業ではある.

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1992年生まれ。横浜国立大学博士後期課程、日本学術振興会特別研究員(DC1)。現代フランス哲学、芸術学、映像論。論文に「映像を歩かせる——佐々木友輔『土瀝青 asphalt』および「揺動メディア論」論」(『アーギュメンツ#2』、2017年)など。翻訳にアンヌ・ソヴァニャルグ「リゾームと線」(小倉拓也との共訳、『ドゥルーズ——没後20年新たなる転回』河出書房新社、2015年)。

「2018年 『眼がスクリーンになるとき』 で使われていた紹介文から引用しています。」

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィトゲンシュタ...
J・モーティマー...
國分 功一郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする