都市デザイン 101のアイデア (101シリーズ)

  • フィルムアート社
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845921027

作品紹介・あらすじ

見慣れた街の見方が変わる!

都市空間をひもとき、
生活や社会を豊かにするヒントを手に入れよう


シンプルで楽しいイラストと、想像力をくすぐられるセンテンスで、本質をわかりやすく学べる〈101のアイデア〉シリーズ。同シリーズの1冊である本書は、都市デザインの世界に飛び込む最適で最高の入門書となっています。

都市計画やまちづくり、アーバンデザインについて知りたい学生や初学者にとって、専門的な学術書は難しく、高いハードルに感じてしまうかもしれません。そこで本書では、実際のデザインプロジェクトで使用できる具体的なツールを厳選し、複雑なコンセプトを明確で簡潔にまとめています。

都市空間、街路、歩行者体験、デザインプロセス、物理的なデザインの決定などがもたらす、心理的、社会的、文化的、経済的な影響について、大学やデザインスクールで教壇に立つ経験豊富な講師が解説していきます。

学生だけでなく、経験豊富な専門家、デザイナー、プランナー、都市管理者にも、そして日常生活や社会をよりよく生きていきたいと願う私たちにとっても、都市や地域への視座を更新する、多様なアイデアや思考をもたらしてくれるはずです。

【項目例】
◎都市デザインは建築ではない
◎街区ではなく街路をデザインする
◎都市は親しい人と見知らぬ人のためにある
◎乗車方法が交通システムを動かす
◎秩序は多様性を渇望する
◎時速5kmに合わせて設計する
◎都市には裏庭が必要だ

都市デザインのための幅広いアイデアが、私たちの日常のディテールを更新する。
生活者の視点から社会の新しいかたちを見出すために編まれた実践的ヒント集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 都市デザイン初学者向けのような前書きだったが、現地で見たものや何かの文献で見かけたような有名都市の一例が多く載っており、都市デザインの「と」の字も知らない者でも容易に読み進めることができるように思う。見開き左ページにはスケッチ、右ページには簡潔な文章といった構成が貫かれており、言わんとするところを視覚的に訴えているところが印象的だった。同じ初学者向けと言っても、新書のような文字ベースの書籍より読解・想像の幅は狭まるが、イメージは持ちやすいのかもしれない。

  • プランナー、あるいはプランナーとしての思考に興味がある人向けのノウハウ集。アレグザンダーの「パターン・ランゲージ」のレベルまでの要素還元はしていない。自然言語のレベルで受け取りやすいメッセージになっている。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

建築家、都市計画者。デザインおよびライティング講師。〈101のアイデア〉シリーズの生みの親。ニューヨーク州ハドソンバレー在住。

「2021年 『広告・宣伝を学ぶ 101のアイデア』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マシュー・フレデリックの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
劉 慈欣
アンデシュ・ハン...
ヴィクトール・E...
佐藤 雅彦
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×