ATG映画を読む―60年代に始まった名作のアーカイブ (ブック・シネマテーク)

制作 : 佐藤 忠男 
  • フィルムアート社
3.33
  • (2)
  • (2)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (403ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845991921

作品紹介・あらすじ

1962年、日本アート・シアター・ギルドは世界の隠れた名作群を公開した。ベルイマン、カワレロウィッチ、コクトー、デ・シーカ、エイゼンシュテイン-以来30年、ATGの名は映画シーンの展望を挑発しつづけた。私たちの脳裏に忘れざる像を刻んだその172本のメモリーをいま、映画の未来に向けて投射する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2015/1/4購入

  • 2-3 映画論

  • ATG配給全作品の解説書。ATG作品どれ観りゃいいんだよ!ってっ人はこれ読んで気に入りそうなの見つけるといいかも。

  • 3000

  • 井筒和幸、大森一樹、神代辰巳、鈴木清順、森崎東、若松孝二、東陽一、曽根中生、寺山修司、篠田正浩、進藤兼人、熊井啓、岡本喜八、大島渚、今村昌平、市川昆、実相寺昭雄、田原総一朗。

  • 「ミスター・ミセス・ミス・ロンリー」を偶然深夜に見てから、一時期大はまりしたATG映画。この本はけっこう詳しく各作品を紹介してあって楽しいです。

全7件中 1 - 7件を表示
ツイートする