ルパン三世―まぼろしのルパン帝国 (ザ・ファーストTVシリーズ)

著者 :
  • フィルムアート社
4.00
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845994359

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  この本はすごい!ファーストルパン愛に溢れた一冊です。
     著者は未発表の脚本とコンテも所持されているようで、放送された完成版と修正前のオリジナル版を比較しながら細かく深く分析していきます。
     新解釈や深読みてんこ盛りで、物語の解釈とはこうやるものだとお手本にできそうです。
     また、衒学的な引用・言及・薀蓄も多く、情報量と内容の密度が濃い濃い。
     活字が細かくページに字が詰まっていることもあいまって、なかなかページが進まない。
     しかし「(ザ・ファーストTVシリーズ)」って、何よ!?
     後日、何かの研究発表をする時のお手本にしようと思って、本書の論法をメモしておきました。
     
    第6話 雨の午後はヤバイゼ
    [めまいの中の泥棒探偵]カマイタチ殺人事件の真犯人は、いったい誰だったのか?

     この章は見事。よく考えると謎の多い第6話をうまく解釈しています。
     というか、マニアの皆様は皆そこまで補完していたのでしょうか?
     ここまで思い至らないとマニアとは言えない、ということなのでしょうか?
     私の場合、説明不足の映画などは
    「ここが分かりましぇん……」
    とブログに書くことが多いのですが、それは読みが甘い証拠だ。
     今後、映画やアニメの感想文を書く上で、本項目を読んで受けた衝撃は忘れないよう自戒。
    (以下、ネタバレもあるかも?)
      http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20160122/p1

  • な・・・なにもそこまで難しく考えなくても・・・。というような、ルパン三世TVファーストシリーズ研究本。まぁ、相当のルパンファンでなければ読む気のしない代物です。
    OA・台本・ボツになった台本・各種企画書・演出家・思想・原作・・・etcとあらゆる角度からルパン三世の正体に迫ろうという内容で、好きな人はぜひ読んでいただきたい・・・けど、正直なところ、僕も完全には読みきれていない・・・。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

*2017年5月現在福山市立大学教育学部 教授

「2017年 『基礎から学ぶ特別支援教育の授業づくりと生活の指導』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋実の作品

ルパン三世―まぼろしのルパン帝国 (ザ・ファーストTVシリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする