すべての犬は天国へ行く

制作 : Keralino Sandorovich 
  • 論創社
3.40
  • (2)
  • (2)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784846002695

作品紹介・あらすじ

壊れた女たちによる、異色の西部劇コメディ。ナンセンスの達人、ケラリーノ・サンドロヴィッチもうひとつのライフ・ワーク、シリアス・コメディの傑作2本を収録。第1回朝日舞台芸術賞受賞。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これに出ていた戸川純がもう大好きで大好きで仕方なかった。

  • 不良少女役でした(笑)
    生で見た方が、やっぱりおもしろい!舞台ってのは!

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1963年東京生まれ。横浜映画専門学院(現・日本映画学校)卒。ナイロン100℃主宰。著書に『私戯曲』『ウチハソバヤジャナイ』『フローズン・ビーチ』(岸田國士戯曲賞受賞)『ナイス・エイジ』『カフカズ・ディック』『室温――夜の音楽』『すべての犬は天国へ行く』『カラフルメリィでオハヨ――いつもの軽い致命傷の朝』『犬は鎖につなぐべからず――岸田國士一幕劇コレクション』『労働者K』『消失/神様とその他の変種』『祈りと怪物』『グッドバイ』など。

「2018年 『ナイロン100℃ シリーワークス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品

ツイートする