絵で読むダンテ「神曲」地獄篇

制作 : 平沢 弥一郎 
  • 論創社
4.36
  • (7)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (117ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784846002978

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ギュスターヴ・ドレの挿絵を使った子供向けの『神曲』地獄篇。
    ドレの挿絵が良いです。

    文章は子供に罪の意味を教えるために書かれただけあって簡潔に端折ってあるのでかなり物足りませんが…質の高い絵本と思えば良いのかな。

  • ダンテの「神曲」地獄変がどんな話か、ざっくりと30分で理解できる。挿絵も素敵。キリスト教思想の上に書かれているので、聖書を知っているとより面白いそうです。キリスト誕生前に生きていた人は洗礼を受けていないので地獄でさまようし、イスラム教の指導者はもちろん地獄の奥深くへ落される。殺人を犯した人より、偽善者や泥棒の方が罪が重かったりするのが不思議。地獄の責苦も日本人の考える地獄とはちょっと違っていて興味深い。仏教的地獄の方が責めはきつそうですが、輪廻転生するので有限。神曲の地獄は永遠に責め続けられるので、こちらの方が大変ですね。

  • これは判りやすい。絵もいい。
    神曲の入門にはこの一冊。

全4件中 1 - 4件を表示

ギュスターヴ・ドレの作品

ツイートする