平林初之輔探偵小説選〈1〉 (論創ミステリ叢書)

著者 :
  • 論創社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784846004040

作品紹介・あらすじ

科学と論理で謎を解く本格派探偵小説の先駆!パリで客死する夭折の前衛作家が、社会矛盾の苦界にうごめく狂気を描く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • プロレタリア文学の評論家出身の人が書く探偵小説とはどんなものぞや?という興味から。
    筆者が探偵小説ファンだった事もあり、収録された作品達の手堅さとバリエーションには驚きました。
    倒叙モノ、アンチ・ミステリ風味、多重解決に、木々高太郎チックな医療ネタ心理モノ…etc.
    プロレタリアな気配は、犯人の動機や置かれた境遇などにチラリと見え隠れする所はありますが、どれも手堅い昭和初期の探偵小説でした!

全1件中 1 - 1件を表示

平林初之輔の作品

平林初之輔探偵小説選〈1〉 (論創ミステリ叢書)を本棚に登録しているひと

ツイートする