イングリッシュ・アサシン―美術修復師ガブリエル・アロンシリーズ

制作 : Daniel Silva  山本 光伸 
  • 論創社
3.71
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (386ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784846005573

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  スイスが戦時中に行ったナチスとの秘密取引をテーマに、暗殺者であり美術修復師の主人公が、天才バイオリニストのヒロインとその謎を追う。そこに、もう一人の暗殺者“英国人”が絡む――。
     プロット的、“暗殺物”としては不満(かなり無理な設定)もあるのだが、登場人物の魅力とチューリッヒやコルシカの街の匂いが素晴らしい。ひとまず他のシリーズ作品を読んでみることに。

  • 続きをずっと読んでいきたいです。テンポもよくて、スリリング!

  • 【あらすじ】主人公ガブリエルは絵画の修復師。(※修復しません。)
    しかし本職はイスラエルの諜報機関の諜報員。
    スイスの富裕な銀行家から絵画の修復依頼を受け、チューリヒの邸宅を訪れたガブリエルだが、すでに依頼人は死体に。
    実は、もともと修復依頼は隠れ蓑であり、依頼人はモサドとしての彼らに連絡を取ろうとしていたのだった。
    ガブリエルの上司兼師匠シャムロンは、なぜ銀行家が殺されたのか、その理由を解明するようガブリエルに命じる。
    一方、ガブリエルたちを敵とみなす組織は、コルシカの暗殺組織を通じ、彼らの動きを封じようとする。・・・ ●美術修復師ガブリエル・アロンシリーズの第三弾。ですが前作を読まなくても十分ついていけます。現に私は読んでません。ナチスの略奪絵画にまつわるお話で、ブラック・セプテンバーにも間接的に触れられたりします。キャラクターは、ガブリエル氏よりもタイトルロール(?)の“イングリッシュ・アサシン”の方が立っているので、この英国人がまた出るなら続きを読んでもいいかなあと言う程度。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

Daniel Silva

「2006年 『告解 美術修復師ガブリエル・アロン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ダニエル・シルヴァの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする