アレン警部登場 (論創海外ミステリ)

制作 : Ngaio Marsh  岩佐 薫子 
  • 論創社 (2005年4月発売)
3.17
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :13
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784846006358

アレン警部登場 (論創海外ミステリ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 英国四大女流ミステリ作家の一人、ナイオ・マーシュのデビュー作。
    それゆえ当時のミステリとして非常にオーソドックスな構成となっている。
    すなわち大邸宅の殺人事件、警察の捜査と尋問、関係者の怪しげな行動、一同での事件の再現、探偵役の謎解きから真犯人の逮捕、といった感じ。

    まあだから安心して読めることは確か。
    ただ、後期の作に比べて魅力に乏しい。
    オーソドックスすぎて面白みに欠けるかな。

    途中、ロシアの秘密結社の大捕物が挟まったあたりなんかもう雰囲気ぶち壊し。
    小道具は効いてたんだけど、これで吹っ飛んだ感アリ。

    全体的に読みやすいからすいすいいけちゃうのも良し悪し。
    原文が平易なのか、訳が読みやすいのか。

全2件中 1 - 2件を表示

ナイオ・マーシュの作品

アレン警部登場 (論創海外ミステリ)はこんな本です

ツイートする