ハーレー街の死 (論創海外ミステリ)

制作 : John Rhode  加藤 由紀 
  • 論創社
3.71
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784846007461

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ロンドンのハーレー街にある診療所で死因はストリキニーネによる毒死の医師の変死体が見つかります。
    検死審問では目撃者の証言と動機の不在から他殺でも自殺でもなく事故死の評決が下りますが、何かが気になるプリーストリー博士の書斎に集まるメンバーは捜査と推理を始めます。
    そして、博士は事故でも自殺でも他殺でもない第四の可能性を示唆するのです。
    意外な真相が待ち受ける本格派の巨匠ジョン・ロードによる最高傑作です。

  • プリストーリー博士シリーズ

    ハーレー街で開業する医師ラチャード・モーズリーの死。金に執着し女性にも興味があった被害者。自らストリキニーネを注射し死んだ被害者。検死審問では自殺として処理されたが不審を感じたプリストーリー博士の再調査。捜査に当たるジミー・ワグホーン警部。被害者が直前にあっていた弁護士事務所の事務員フォーセット。被害者に残された遺産の秘密。モーズリーの過去に隠された秘密。

     2011年3月3日読了

  • 自殺でも、事故でも、他殺でもない可能性を追究していく過程は、地味ながら堅実でよい。
    ただ、これを最高傑作と言い切っていいのかなぁ、というのが正直な感想。
    伏線はしっかりと張ってあるし、読んでいてもちろん納得は出来るんだけど、それ以上に?がたくさん出るのは、「これは普通の読者はわかんないだろう」ということ。
    これが最高傑作なら、他の作品はどんなもんなんだろう。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

John Rhode

「2007年 『ハーレー街の死』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジョン・ロードの作品

ハーレー街の死 (論創海外ミステリ)を本棚に登録しているひと

ツイートする