出版状況クロニクル〈2〉2009年4月‐2010年3月

著者 :
  • 論創社
3.57
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784846008758

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 出版不況につき知りたいと思い手に取った本書。
    記載されている内容そのものは最近の書店・出版業界の動向であり、
    事実として読むのには興味深いのだが、何よりも本書は、
    「読みにくい」。
    時系列毎に区切った各章をさらに(1)(2)・・と細分しているのだが、
    これらの文にまったくつながりがないため、没入感がまったく得られない。
    ブログに数行づつ書いていた雑感をそのまま本にしたような内容で、そもそも書籍化する必要があったか疑問が残る。

  • 出版業界の現状がよく分かる一冊。

  • 2011 4/27パワー・ブラウジング。筑波大学図書館情報学図書館で借りた。
    前作に続き、2009.3-2010.3の日本の出版業界(出版、取次、書店、印刷など)に関する出来事と著者の注釈を綴るクロニクル。もとはwebで出ていたのを書籍化したもの。また、これも前作と同じく末尾は論創社の森下紀夫氏と著者の対談。

    出版業界による、如何に前線を壊滅させないか苦心しながらの敗退戦記録としての様相も前作同様。
    今回は特にCHIホールディングスに至るDNPの動向とブックオフ、それに前作に続いて角川HGの戦略が面白い。
    そして前作以上に雑誌の休刊に関する記述が目立つ。

    さて、次作は本にまとめられるのだろうか・・・。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1951年生まれ。文芸評論家戦後社会や郊外、出版文化・流通に関する研究を続ける著書に『船戸与一と叛史のクロニクル』『<郊外>の誕生と死』(青弓社)、『出版社と書店はいかにして消えていくか』(ぱる出版)など

「2000年 『「郊外」と現代社会』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小田光雄の作品

ツイートする